キッチンを借りに

「鉄板ビュッフェ」というお店があります。

いわゆるバイキング、食べ放題のお店なんですが、ここはちょっと変わっていて、各テーブルに鉄板がついています。
普通に取ってきて食べられるおかずもちゃんとあり、普通のビュッフェみたいにも食べられます。
出来上がったお好み焼き、そば焼きやチャーハン、棒餃子なんかは取ってきて鉄板で焼いて食べることもできます。

写真は鍋物なんですが、小さなお鍋に好きな具やだしを入れ、お鍋を温めるIHでぐつぐつ煮た後、各自のテーブルに戻ってきて一緒につついて熱々をどうぞ♪

今日はお鍋の他には豚肉、鶏肉、イカと野菜で鉄板焼き、チキンカツを天丼のだしで煮て卵でとじてカツ丼に、お鍋の後はもちろんおじやもしましたよ。
クマ旦那さんのアイデアで、おろしショウガとだし醤油に豚肉を漬け、ショウガ焼きも焼きました(笑)
後は何を食べたっけかなあ?唐揚げとかサラダとか。
たくさんの種類を一口ずつ食べられるのでお腹も気持ちも満足できます。

ビュッフェと言ってますが、感覚としては食材と調理道具、鉄板を借りて好きな料理を作る感じですね。

デザートもたくさん。
今日はパンケーキを焼いてあんこをはさみ、見た目はドラ焼き、味はたい焼きなおやつも作りました(笑)

他にはチーズケーキ、チョコケーキ、フルーツにソフトクリーム。
私はいつも〆はアイスコーヒーにソフトクリームを入れてコーヒーフロートです。

これで時間無制限、休日でも大人一人1000円以下とリーズナブル。

4月からは増税で1000円超えてしまうのかなあ。
1000円になったら少し行く回数が減ってしまうかも知れないのがちょっと残念です。

20140302a

残り物の足し算

夕べはお好み焼きを焼いたんですが、今朝になったらクマ旦那さんがこんなことを言いました。

「お好み焼きもっと食べたいなあ」

って、あんなに食べたのに!(笑)

今日は一昨日の肉豆腐をもう一度食べる予定でした。
実家に置いてきたお鍋に残ってたのと、うちに残ってたのを足して1食分になりますから。

なのに、お好み焼きもっと食べたいなんて言われたのでメニュー変更(笑)

肉豆腐の残りを刻んで、「すじ焼き」みたいなのを作ってみよう。
山芋は昨日使い切ってしまったし、卵ももう1つしかない。
キャベツ小麦粉、出し汁はあるのでそれでなんとかしましょうか。

生地を作り、肉豆腐の具をコンニャク中心で選んで刻み、ついでに野菜室に残ってた青ネギも刻んで「ネギ焼き」だあ!

関西では牛のすじ肉とコンニャクを煮込んだ物を入れた「すじ焼き」と言うお好み焼きがあります。
神戸の長田ではその具を「ぼっかけ」と呼び、今は地域のおいしい物にもなってます。
昨日、具が足りなかったらそれにしようかなと言ったのを覚えてた人がいたので仕方ないでしょ(笑)

正確にはすじとコンニャクではないし、ネギの量も足りないので、まあ「すじ焼きもどき」の「ネギ焼きもどき」が仕上がりました。

具に醤油と砂糖で味がついてるので、こんがり焼くとちょっと焦げ気味にもなりますが、それもまたおいしい。
仕上げには濃口醤油もよく合います。

甘口のクマ旦那さんはお好み焼きソースをかけてましたが、私は醤油でいただきました。

画像

お好みのままに

ふと気がつくとお米がありませんでした(笑)

正確にはまだあるんですが、買う予定の日までにはちょっと足りない。
何より月曜日にはお雛様があり、この日はばら寿司を炊くのでお米を置いておかないといけません。

とりあえず今日は何かお米なしで食べられる物と思い、久しぶりにお好み焼きを焼きました。

私はお好み焼きと言うと豚バラ肉だけのシンプルなのが好きなんですが、父親が海鮮と卵が真ん中に入ったミックスが好きなので、冷凍のイカとエビも用意しました。

もちろんクマ旦那さんもこの「パパスペシャル」(笑)が好きなので、1枚目はみんなこの焼き方をし、2枚目はそれぞれお好みの具で焼きます。
父親は豚肉、海鮮で卵抜き、私は豚肉だけ、そしてクマ旦那さんはもう1枚スペシャルで、3枚目はその時によって色々です。

フライパンで1枚ずつ焼くもので、とっても忙しい(笑)
ホットプレートで焼く方も多いと思いますが、うちはこの方法でやってます。
ホットプレートを出すのがめんどくさいのと、ガスで焼いた方がパリッと焼きあがっておいしいからです。

キャベツいっぱーいにおろした山芋と卵、塩を入れ、そんなにたくさんじゃない出し汁で固さを調節しながら薄め、それを焼きます。

ふわっとしたのがお好きな方はふんわり乗せて、カリッとしたのがお好きな方はえいえい!と押さえてどうぞ。
本当に何もかもあなたのお好みのままに・・・

画像
続きを読む お好みのままに

すき焼きの妹

今夜は「すき焼きの妹」を作りました。

一般的にはどうやら「肉豆腐」と呼ばれているメニューらしいのですが、なぜだか母親が「すき焼きの妹」と呼んでました(笑)

スキヤキほどいいお肉じゃなく、切り落としや煮込み用の安い牛肉でできるからかなあ?
今となっては理由が分からないのが残念です。
それでも、多分これからもずっと、うちでは「スキヤキの妹」って呼ぶと思います。

クタクタに煮てしまうので、牛肉と野菜を先に煮て、野菜がしんなりとして空いた場所に焼き豆腐と手でちぎったコンニャクを入れて煮ます。
煮ては火を消し、少し冷めては火をつけると繰り返して焼き豆腐の中までじっくりと味が染みるとご飯がとよく合う「すき焼きの妹」の出来上がりです。

しかし、なんで弟じゃなくて妹なのかな?
そしてすき焼きは兄なのか姉なのか?
謎は深まるばかりです(笑)

画像
続きを読む すき焼きの妹

圧力鍋を出してみました

豚バラ肉の塊が安かったので角煮を作ることにして、久しぶりに圧力鍋を引っ張り出してみました。

圧力鍋、あるにはあるんですが大きいのであまり使ってなかったんです。
今まで角煮を作る時にも普通のお鍋でクツクツ煮込むことが多かったです。

煮込み料理を作る時、煮立ったら火を止め、しばらく放置して冷えたらまた火をつけて沸騰させたら止めて冷ますを繰り返して味を中まで染みこませます。
昨日はちょっと時間を短縮したかったので圧力鍋の登場となったのでした。

日本酒と水を入れて20分ほど下茹でしたら、取り出して切って、今度は砂糖、醤油、酒、ハチミツ、薄切りショウガ、だしで煮ます。
適当な大きさに切ったバラ肉と一緒に昆布(だしを出した後冷凍してある)と大根も一緒に煮て写真のようになりました。

別に炒めたチンゲンサイも一緒にどうぞ。

画像
続きを読む 圧力鍋を出してみました

食いしん坊なクマとひよこの食べ物ライフ