ひよこ奥さん のすべての投稿

避難を文化に

先日来続けて台風がやってきて日本列島、特に東の方は大きな被害を受けました。
また台風ができたらしいですが、このまま消えるとか大きくなってきたとか、こちらに来るとか来ないとか、どうなるかよく分かりませんが、とりあえず来ないで、と祈ってます。

今回もかなり犠牲になった方がいらっしゃって、目の前の家族を助けられなかったり、大丈夫と言って避難しなかった家族を亡くしたとか、辛い話を見聞きしました。

うちのマンションは場所的にも建物的にも、よほどマンションの真下で断層がずれた、とかではない限り、多少の天災には耐えられると思ってます。
マンションが建つ前から、周辺と景観問題とかでながく話をしていて、敷地の割りに高くない建物となっていることと、阪神淡路以降にそのことも含めて設計されてること、道路より高いので水に浸かったりの可能性も低いこと、などから、このマンションから逃げるようなことになった時には、もう助からないと思った方がいいね、という話になってるぐらいです。

心配なのは実家の父親です。
家はあの震災を経験してて、一応直してはありますが直しきれてない場所も多く、歪んだり曲がったりしたままの上経年劣化もあります。

しかも父親は足腰を痛めていて、さっと動けない。
もしもの時、若い人だったら助かる場合も助からなかったりするかも知れない。

幸い立地的に水に沈んだりはそうそうないだろうけど、今の天災は何があるか分かりません。
突然の地震とかには対応できないけど、台風は予測できるで、危ないと思う時にはうちに来てほしい。

そう言っても、

「大丈夫やから」

と、頑として首を縦に振りません。

昨日、今回の台風のことをやっているテレビを見ながら、少し真剣にこちらの気持ちを伝えてきました。
もしもの時はマンションの方に来てほしい、と。

「いきなり来いと言っても来にくいかも知れないから、いつでも来られるように普段から泊まる練習をしたらどうかな」

そう提案しておきました。
そのためには、私も父親が気を使わずに来られるように、本棚の部屋、今は納戸みたいになってる部屋を片付けておかないと。

「避難を文化にしていかないと」

昨日のテレビに出ていた専門家の方がこう言ってらっしゃって、とても納得できました。
本当にそうです。
逃げようと思っても、逃げ慣れてないと「多分大丈夫だろう」という気持ちが勝ってしまうこともあると思います。
それで逃げずに残念なことになった方もやはりいらっしゃるようですし。

「逃げるが恥だが役に立つ」

少し前にブームになりましたが、逃げるのは本当に恥ずかしくない。
こんな、何が起こるか分からない時代には特に。
みんなで逃げることに慣れて文化にしましょう。
私も動いていこうと思います。

ストッキングのつづくり~ひよこの聞き語り(48)

今朝の朝ドラでヒロインが「破れたストッキングの修理」をやらされる場面がありました。
自分でやろうと思ったのではなく、箱に入った破れストッキングを「やっとき」と押し付けられたので「やらされる」になりますね。

手作業で「ストッキングは薄いのでむずかしい」というようなナレーションがあったのですが、それを見て「あれっ?」と思いました。

実は母から聞いたことがあるのです、

「ストッキングのつづくり」

について。

「つづくり」と聞いても「何のこと?」と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、「つくろう(繕う)」のことですね。
破れた布やほどけた糸を縫って直すことです。

調べてみたら元々は古語から「つづくる」という言葉があり、それが近代に「つくろう」の方が一般的になったらしい。
ほう、知らなかった。
てっきり関西弁なのかと思ってたら、そうでもなかったんですね。

とにかくそのストッキングを「つづくる商売」というのがあったらしいのです。

朝ドラの時代は昭和28年、うちの母親の娘時代にあたりますから、ちょうどタイムリーなストッキング世代です。
母親は社交ダンスをやってたので、余計に履いてただろうな。

とにかくストッキングは当時は今よりもっともっと高価だったので、ちょっと破れても捨てる、というものではなかったのです。
なので破れたら「つづくろい屋さん」に持って行って直してもらってたとか。

なんだか編み機みたいなもの?で一本一本また縫い戻すみたいにしてたらしい。
今朝の朝ドラみたいに「縫う」のではなく「編む」ような形です。
そうすると元通りのようになって破れたところが目立たなくなる。

「1本いくらでつづくってもらうから、縦に長くほつけるより短くても横に広い方が高かった」

のだそうです。

朝ドラのように手で縫うと、どうしても縫い目が分かりますよね。
それに持って行ってすぐに目の前ですぐに「つづくって」くれるのではないから、戻ってくるまでにああいう風に内職に出すと日にちがかかる。
というか名札もついてる感じがしなかったので個人的に請け負うと言うよりは、下取りにして修理したのを安くリサイクルで売るのかも知れません。

なんにしても、今ではないお仕事だと思います。
今だったらぽいっと捨ててしまうか、たくさん集めてクッションにする、掃除に使う、玉ねぎを入れて干す、とか、もう一度履いて使うという選択肢はないような気がします。

そういや私はここ何年もストッキングを履く生活をしていません。
タンスには一応入ってるけど、中で古くなっていざ履こうと思ったら全部破れて、なんてことないだろうなあ?
一度チェックしてまた買っておかないと!
ちょっと女子としてどうなの?と気づいて慌ててしまいました(笑)

寒い!

台風が行ってしまってから一気に寒くなった気がします。

朝晩は寒く、お昼は日差しがあると暑いぐらい。
なんだか極端。

だったんですが、今日はお昼まで暑くなってしまったような。
つい半袖で買い物に行ってしまって、実家の中だったらそう寒くはないだろうと思ってたのに、家の中も寒い!
しまった、上着忘れてる・・・
マンションの部屋の中は適度に温かいのでいらないような気がしてたんですよ。

夕方近くに来られたお客さんがやっぱり半袖で、お互い半袖を見て「お昼は暑いからつい」と笑いました(笑)

私は長袖もあまり長いより七分袖ぐらいの長さのが好きです。
仕事するにしても家事するにしても手首のあたりが邪魔なんですよね。
なので長袖になったらアームバンドが必需品となります。

さて、明日は何を着ればいいんだろう?
悩みどころです。

妹の和菓子

タイトルを見ると妹が和菓子を作ったようですが違います(笑)

前にも書いたかも知れないんですが、うちのご近所にはおいしい和菓子屋さんがありません。
和菓子を売ってるお店はあるんですが、昔からあったお店がいつの間にか自分の店では作らずに上生菓子や桜餅のような生菓子系は冷凍を置くようになってたりします。

何回か「これ冷凍?」みたいなことが続いた後、店番のおじさんにカタログを見せられたので間違いないです。
お客さんに見せるかなあ、あんなの(笑)

それぞれ自分のお店の売りのお菓子は作ってらっしゃるようなんですが、う~ん、どうだろう、工場の音がしなくなってるから、それも委託になったりしてるのかなあ・・・
あまり詳しくは分かりませんが、お店の数が減ってる上にそういう感じなので、あまり買いに行かなくなりました。

チェーンのお店は置いてたりもするんですが、上生菓子に関しては取り寄せだったりして、元々置いてる数が少ないのか欲しいのがなかったりもします。

スーパーなんかで嫌っていうほど売ってる和菓子、安いけど、正直そんなにおいしくはないですね。
それっぽいのを食べて満足、の時はいいですが。

うちの父親は和菓子が好きです。
なので妹が来る時に、しばしばご近所のお店の和菓子を買ってきてくれます。
昔ながらのお店が近くに残ってるんです。
やっぱりおいしいですね。

昨日も実家に来たんですが、うちにも持って来てくれてました。

フルーツ大福と柿の形と三色団子の形をした小さいお菓子です。

味を見るのに全部半分ずつクマ旦那さんといただいたんですが、やっぱりおいしい。
あんことか、きちんと作ってるんだろうな。

ただ、

「ちょっと冒険しすぎ?」

な、感じもしました(笑)

フルーツですが、黄色い方が柿?干し柿?で、赤い方が梅のようです。
フルーツの入った大福と言うと「いちご大福」「キウイ大福」なんてのが定番になってますが、今回のは微妙だなあ(笑)
定番になるかならないか、ギリギリの線、という感じです。

古くからの和菓子屋さんも生き残りをかけて色々がんばってらっしゃるんでしょうね。
こういうニューカマーが定番になり、昔から受け継いできたおいしい和菓子も残っていく。
そうしてもうちょっと和菓子屋さんが増えてくれたらいいと思います。

洋菓子屋さんはおいしいところもそこそこのところも、どんどん増えてるんですよ、うちの近所でも。
洋菓子はおいしい、でも和菓子ももっと食べる人が増えてくれればいいのに。

営々と淡々と

記録に残る限り最大ではないか、と言われていた台風が日本列島から離れていきました。

残念ですが亡くなった方も出て、あちらこちらがまだ水没している状態ですが、それでも分かっていてあえて言います、よくこのぐらいで済みました。

幸いにもこちらはあまり影響がなく、一日中つけていたテレビが「命を大切に」と叫んでいるのを時に現実じゃないかのように耳にしていました。
テレビが大げさに叫んでいたんじゃないと思います、それだけ大きな出来事だったんですよね。

それでも、あちらこちらで川が氾濫して決壊してこの被害で終わってるというのはすごいんじゃないか、と冷静に思います。

もしも、と言うのはあまり意味がないことですが、他の国ではこういう災害の時はもっと大騒ぎになってるような気がするんですよね。
日本では冷静に淡々と受け止めてるような。

これは、あまり幸福なことではないかもですが、一つには「災害慣れ」してる部分が大きいんでしょうね。
火山が多く島国で、地震に台風、津波、噴火、考えてみたら結構住みにくい土地に思えます。
その中で代々と積み上げてきた経験と知恵が、こういう場合にどうすればいいのか知ってる、そんな風に思いました。

今回は雨が多くて水害が大きかったんですが、それをできるだけ食い止めてくれた堤防、これってもう昔から作られてきたのが多かったと聞きました。
それだけ昔の人々が少しでも住みやすく、被害が少なくと考えてやってきたことなんですね。
あらためて感謝し感心しています。

それと、少し前までだったらテレビで「逃げてください」と言われても、そんなおおげさな、と逃げてない人も多かったのかも。
平成に入ってからの災害の多さ、震災に台風に大雨に、その中で「これは本当に逃げた方がいい」と判断するようになり、早め早めに逃げたことも犠牲が少なく済んだ原因かなと思います。

日本の歴史の中で営々と紡いできた災害への対策と知恵、それともしもの時に前向きに淡々と動き続ける国民性。
これで今までの戦争や天災、その他の諸々の災厄も乗り切ってきたんだなあ。

できるだけ悪いことはない方がいい。
でももしもの時、そうやって乗り切る国民性があってこそ、今の日本があるんだなあと思います。

私は、とりあえず今回みたいなことがあった時、実家よりはまだ大丈夫だろうマンションの方に、いかに楽に父親が来られるようにするか、をまた考えてます。
部屋の片付けだけでなく、精神的にも「行っておこうか」と思ってくれるようになんとかしないとね。
もしもの時に泣くようなことはしたくない。

でも頑固なんですよねえ。
あの頑固親父をどうするか、が今一番頭の痛い問題です(笑)