一口冷凍バナナで簡単チョコバナナパフェ

買い物に行ったらちょっとだけ古くなったバナナを50円ぐらいで売ってることがあります。

古くなったと言ってもむいてみたら全然普通に売ってるのと変わらないし、まだ柔らかくなってないバナナの方が好きな私でも十分おいしいと思うぐらい。
ただ、そのまま置いてるとあれよあれよと言う間に皮にシュガースポットが出て、中身も柔らかく熟してしまいます。

なので、安いのを見つけたら2つ3つ買っておいて、一口大に切って冷凍しておきます。

長さによって、1本を6個から8個ぐらいに切って、金属のトレイの上にラップを敷き、そこにちょっとずつ離して並べて冷凍します。

完全に固まったら、トレイからラップをばりばりはがします。
そうすると全部ばらばらっとばらけてくれるので、それをジップロックに入れて保存。

切ったのをそのままジップロックや容器に入れて冷凍するとくっついて取れませんが、こうすると一つずつ取れるのでとっても便利です。
バナナだけじゃなく、他のもの、例えばブロッコリーとかしめじを冷凍する時にも、同じようにしています。

冷凍したバナナはそのままぽいっと口に放り込んでアイス代わりにしてもおいしいんですが、今日はちょっとだけ手を加えてデザートに。

容器に適当にバナナをつかんで入れます。
大体1本分ぐらいかな。

それをレンジで数十秒、半分解凍できるぐらいにチンします。

上からホイップクリームとチョコソースをかけて出来上がり。
簡単にパフェ気分が味わえます。

我が家ではコストコで買った缶入りのホイップクリームとハーシーズのチョコソースを常備しています。

ちょっと欲しい時に必要なだけ使えて、残りは日持ちもしてとっても便利です。

それはそうと、「ハーシーズ」って本当は「ハーシー」なんでしょうが、どうしても言いにくくて「ハーシーズ」と言ってしまいます。
いいですよね日本人だし(笑)

画像

<a 続きを読む 一口冷凍バナナで簡単チョコバナナパフェ

鮭の酒蒸し

台風が近付いてるとかコースがずれて直撃は免れたとか、色々な情報が交錯しています。
前の台風では色々と大変なことがあったので、できればそれて欲しいところですが、どうなるんでしょうか・・・

当地は今は少し雨が降っているだけで風はほとんど吹いていません。
このまま静かに日本から離れて行ってくれればなあと祈っています。

雨の影響なのか肌寒くて、少し温まるものを食べたいと思い、簡単に作れる蒸し物にしました。

「鮭の酒蒸し」

本当に簡単で、説明するのも申し訳ないぐらいです。

用意するのは人数分の鮭の切り身、えのきだけ(他のきのこでも)、ニンジン、ダシ昆布、塩、酒だけです。
えのきだけは半分に、ニンジンは厚めの薄切りにしておく。

レンジで使える容器にダシ昆布をキッチンばさみで細切りにしながら入れ、酒をかけておく。
そこにえのきだけ、鮭、ニンジンを並べ、塩、酒を振ってふわっとラップをしてレンジで蒸すだけ。

レンジは機種によって違うので、様子を見ながら臨機応変に。
仕上がったらレモンやポン酢をかけてどうぞ。

簡単でおいしい蒸し物だと思います。

画像

続きを読む 鮭の酒蒸し

糖質制限・大豆とツナのコロッケ

クマ旦那さん共々、体重オフが課題だったりします・・・
いや、本当、切実に。

「糖質制限がいいよ」

かかりつけの内科の先生と話していたらそう教えてくれました。
先生も実際にやって体重ダウンしたそうです。

いくつか糖質制限メニューを考えて作ってます。
これもその一つ。

茹で大豆をジャガイモの代わりにして、そこにチョップドオニオン、ツナを入れ、塩コショウ、マヨネーズで味付けをして、パン粉の代わりにおから粉をつけて揚げました。

作り方は簡単、つぶした大豆に上記の材料を入れて混ぜ、おから粉をつけて揚げるだけ。
簡単で糖質オフですが、見た目以上にお腹にたまるので食べ過ぎに注意です。
私は、食べすぎてちょっとお腹が苦しくなりました(笑)

ちょっと崩れやすいので、糖質をそれほど気にしない人はつなぎに片栗粉や小麦粉を入れるとか、普通のコロッケみたいに小麦粉、卵、パン粉かおから粉で衣をつけるといいかも知れません

こだわってるのは糖質オフだけなので、油はさほど気にしてません。
私もクマ旦那さんも、糖質オフで結構いい感じになってます。

今回はマヨネーズとケチャップを混ぜたオーロラソースをつけていただきました。

画像

続きを読む 糖質制限・大豆とツナのコロッケ

ポークソテーサンド

    コストコが好きで時々行くんですが、行くといつもいっぱい買いそうになって押さえるのが大変です。
    うっかり一つ増やすとそれでもう何千円とかなる場合もありますもんね。

    いつもいつも、一度手に取っては「これは今回は諦めよう!」そう考え直して売り場に戻すものが出てきます。

    「豚肉のハニーガーリックソテー」と「ポークビーンズ」に使ったのは今日の「ポークソテーサンド」と同じ豚肉なんですが、大きいのや小さいが入ってるので、色々と使い分けました。
    一番大きな揃ったきれいなのは「ハニーガーリックソテー」に、次にきれいなのは今日の「ポークソテーサンドに」して、筋っぽいの小さいのは小さく切って「ポークビーンズ」にしました。

    まずは肉を焼くところから。
    今回は塩コショウだけであっさりと焼き付けて、焼けたらまな板に取って落ち着かせ、削ぎ切りにしておきます。

    食パンは6枚切りをさらに2枚にし、重ねたままトーストして、外はこんがり中はふんわりな状態に。
    そこにバターを塗るんですが、パンが温かいので溶かしバターにしなくてもさっと塗れていいんです。

    さらにマヨネーズとケチャップ、サニーレタス、ポークソテー、薄切りタマネギを乗せてサンドで完成です。

    ボリュームのある朝食メニューになりました。

    画像

    続きを読む ポークソテーサンド

ポークビーンズのオムレツ添え

寒くなりましたね。

前回の台風ではあまり影響がなかった当地ですが、今回はどうも多少なりとも影響がありそうです。
古傷がなんだかチリチリ冷えたように感じるのは、一気に寒くなったのと低気圧の影響かも知れません。

こんな日はコトコト煮込むおかずを作るのが苦にならないのはいいですね。
夏だったら火のそばに寄ると考えるだけでげんなりします。

ってことで、今日は煮込み料理。

と言っても、何時間も煮込むわけではありません。
ちょっとしたコツで柔らかく味が染みた料理になります。

まずは大豆の水煮を用意します。
私は生の大豆を一晩戻してから柔らかく炊きましたが、水煮大豆を使えばとっても簡単です。

材料は豚肉、タマネギ、ブイヨン、トマトの水煮缶、酒、塩コショウ、ハチミツです。

まずは材料を切ります。

タマネギは薄切りにし、豚肉は大豆の倍ぐらいかな、それぐらいの角切りにします。

お鍋に大豆、タマネギ、豚肉、ブイヨン、トマトの水煮を全部入れます。
水煮缶の中にお酒を入れてちょちょっとすすぎ、それもお鍋に一緒に入れておきます。

火を点けてぐつぐつ煮ていきます。

しばらく煮て、豚肉に火が通ったぐらいになったら塩、コショウ、ハチミツで調味します。
味見をして自分の好きな味にすればそれでOK。

味がついたら一度火を止め、ふたをして余熱にゆだねます。

しばらくして材料が冷えてきたらまた火を点け、煮立ったら止める、この作業を何回か繰り返すと、火を点けっぱなしにしなくても材料が柔らかくなり、冷める時に素材の中まで味が染みこみます。

これは日本料理の煮込み料理の手法ですね。

圧力鍋で一気に炊き上げたら時間も早いんでしょうが、うちは大きい圧力鍋しかないので、これぐらいの料理の時はお昼ぐらいに仕掛けておき、何回か点けて消して冷ましてを繰り返して晩ご飯にします。

今日は一緒にサニーレタスとを添えて写真のようになりました。
オムレツがちょっといびつになったけど、味は変わらないので愛嬌と言うことで♪
トマト風味とオムレツ、とっても合いますよ。

画像

続きを読む ポークビーンズのオムレツ添え

食いしん坊なクマとひよこの食べ物ライフ