もう一つの「南の哀愁」 ~ひよこの聞き語り(35)

うちの母方の女連中、一度は宝塚歌劇の洗礼を受けます(笑)

私も小学校から高校まで、毎月のように全部の公演を観に行ってました。
母と妹と3人だったり、いとこと妹と3人だったり妹と2人だったり。
連れは色々ですが、本当に好きだったなあ。

今は、時々思い出したように行ってます。
一度見ると「また行きたいなあ」と思うんですが、今は、毎公演行くほど、ではありませんね。
好きなんですが、きりがない(笑)

母もやはり子供の頃から宝塚をずっと観て育ってきてるんですが、戦後、まだ広島にいる頃に、多分祖父からでしょうね、再開した宝塚のプログラムを送ってもらい、演劇部か何かでお芝居をやったりもしてたようです。

その演目が「南の哀愁」です。
宝塚の有名な作品の一つで、今までに何回も何回も再演されています。
調べてみたら初演は昭和22年なので、時代的に、多分、その初演の時のプログラムを送ってもらったと思います。

今は違いますが、以前は宝塚のプログラムには脚本が全部掲載されてました。
その脚本を元にして、文化祭か何かでミュージカルをやったそうです。

お芝居のストーリーやセリフは脚本があれば分かるんですが、問題は歌の部分です。
楽譜も、私が観に行ってた頃は売ってたんですが、今はないみたいですね。
というか、脚本や歌集はまた別の本として出しているそうです。
買ったことはありませんが。

当時すでに歌集を売っていたのかどうか分かりませんが、母の手元に届いたのは脚本だけだったので、曲は音楽の先生に作ってもらうことになりました。

「だから南の哀愁に2つの音楽がある」

と、母が自分達の「南の哀愁」の歌も歌ってくれてたので、私にも2つの「南の哀愁」があります。

オリジナルの宝塚の方は、

「み~なみの~しま~、み~わくのしま~、さ~よ~うる~わし~、わ~が~た~ひち~」

みたいな音楽ですが、母達のは、

「みなみのしぃま~~~、みわくのしぃま~」

みたいな感じ。

とても全部は覚えてませんが、今でも「南の哀愁」と聞くと2つの音楽が浮かびます。

どんなだったのかなあ。
もしもタイムマシンがあったなら、母達の「南の哀愁」をこっそり観に行きたいものだ、と思ってます(笑)

下駄でタップダンス ~ひよこの聞き語り(34)

寒いですね、一気に1月末の気温だとか言われてますが、本当に寒くて堪えます。

外に出て寒くても、帰ってきて暖房を入れて「温かい家にいられてよかったなあ」と幸せです。
お風呂にも入ってほっこりしてさらに幸せ。
風邪っぴきですが、少しずつ治ってきて、これまた幸せです。

そういう小さい幸せを感じながら、ふと母方祖母のことを思い出しました。

祖母、小さい幸せを大事にする人だった、と私は思いました。

特に教育があるわけではない人ですし、何か信仰してたわけでもないですが、「分け与えるということを知ってた人」だと、私は色んな人の話を聞いて思いました。

今はもういなくなったと思いますが、昔は「おもらいさん」という人がよくいたようです。
まだ戦後間もない頃の話ですけどね。

そういう人が来ると、祖母は、自分の家もそうなんでもかんでもあるわけじゃないけど、とにかく食べ物だとか何か物、場合によってはお金もあったのかなあ、そういうのをあげていたようです。
自分は特に贅沢する人じゃないし、何かを欲しがる人でもなかったみたいですが、困った人をほっとけない人でもあったのかも。

一度そういう人にあげたら、やっぱりネットワークと言うんですかね、「あそこに行くと何かもらえる」と、ちょこちょことそういう人が尋ねてきていたとか。

そしてある年、祖父が死の床についてる時にもやっぱりそういう人が来たんですね。

祖母が玄関に出て行って、確か古い服か何かをあげたと聞いたように記憶してます。

そうしたら、その「おもらいさん」がすごく感謝して、

「返せるものがないから、せめてこれを」

と、玄関で、下駄を履いてタップダンスを始めたんだとか。

あれ、ひょっとしたら、その下駄をあげたんだったかな?
何しろ、身に付ける物だったように記憶してるんですが、そのへんが曖昧で・・・

とにかく、状態としては、部屋の中では祖父が亡くなる少し前です。

「もういいから」

と、祖母が返そうとするんですが、申し訳ないからと、しばらく踊ってから帰っていったそうです。

困っただろうなあ。
どういう気持だったかなあ。
おじいちゃんんの耳にもタップの音、聞こえただろうか?
おばあちゃんのこと、しょうがないな、と笑ったかなあ。

色んなことを考えてしまいます。
悲しい時のことですが、一応、ちょっと笑ってもいいんじゃないかな、と思います。
祖母の人柄が出てる話、と私は思ってます。

左で噛む噛む

実は、土曜日の夜から風邪のような感じでした。

昨日は一日、最低限のやらないといけないことだけやって、後は寝て、寝て、寝て、おかげでかなり風邪の方はましになったと思います。
こじらせて熱とか出すと大変ですから、それはよかった。

ですが、その影響か、右肩から顔にかけてが腫れて、歯が浮いてちょっと痛い。
目の当たりもしんどいです。

今日、実家にちょっと顔を出して、やらないといけないことがあったので終わらせ、父親にはお弁当を差し入れ、うちもお弁当を買って、2時頃に帰ってきました。

「右側が腫れとうなあ」

と、父親から見ても腫れてるのが分かったらしい。

普通にしていたら特に問題はないです。
違和感、しんどさはありますが、それだけ。

ただ、歯磨きした時の水はしみるし、食べ物も温かいのじゃないのを噛んだらストレートに右の上の歯にしみる感じです。
お弁当のおにぎりなんか、冷やしてないのに痛かったなあ・・・

仕方ないので、食べ物も左で噛むようにしてます。
体が左に曲がりそう(笑)

とりあえず今日はゆっくりして、明日にはもっとましになっていたいと思います。
炎症抑えるのに鎮痛剤飲んで、首は塗り薬でも塗っておとなしくしていよう。

すじ肉を茹でる

3番手ぐらいに行く大きめのスーパーの中に入っているお肉屋さんがあります。
通りがかったら、いつも横目でチェック。

そこのお店は近江牛のお店なので、全体的にお高めです。
近江牛なんて、そんな、とてもとても買えない(笑)

ですが、そこで「すじ肉」をお手頃の値段で売ってるんです。

いつもあるわけではないので、見かけて、茹でておく時間が取れそうなら、1キロとかまとめて買っておきます。
そして茹でて、切って、すぐに使わない時にはチャック袋に入れて冷凍。

昨日、実家で茹でるつもりが時間が取れず、今日茹でて処理しておきました。

一番使うのはカレーです。
そのへんのカレー肉よりよっぽどおいしい!
値段もずっと安いので、たっぷり入れられるから、ますますおいしい!

その次に使うのが「すじ大根」かな。
夏大根の季節に作ることが多いですが、年間通していつでもオッケーです。
「タカノツメ」を入れてピリ辛甘い仕上がりが、ご飯ととっても合います。

それから、今の季節だと「かんとだき」、世間一般で言うところの「おでん」ですね。
これには「すじ肉」が欠かせない。
せっせと串に刺し、お鍋に入れて旨味と味の両方でいただきます。

他には刻んで「オムレツ」の具とか、主に煮込む系の料理で力を発揮してくれる子です。

ただ、1キロ買っても、茹でると700~800グラムぐらいになってしまうのがちょっと残念。
今回は730グラムでした。

でも手間かけるだけの値打ちはあります。

「すじ肉なんて料理したことがない」という方、もったいないですよ、一度やってみてください。

初めての「CoCo壱番屋」

全国展開して有名なカレー屋さん「CoCo壱番屋」さんですが、実は私は行ったことがありませんでした。

いつ頃かなあ、うちの町にもできたのを知ってはいたんですが、「あるな」と思うだけで行こうと思ったことがなかったです。
だって、気づいたら、あまりにもあっちこっちにできてるから、特に「行きたい」とか思わなかったんです(笑)

ここのところしばらく、ずっと忙しい日が続いてます。
クマ旦那さんは今日もお仕事だったし、私も店の用事やらなんやらでクタクタです。

今日は夕方、駅までクマ旦那さんを迎えに行ったんですが、

「帰ってまたもう一度ご飯作るの面倒だなあ、クマさん誘って何か食べに行こうか」

と、思い立ってしまいました。

いつもだったら父親と一緒に夕飯食べてるんですが、今日は父親に食べさせてる間に色々片付けて、自分も帰ってから食べようと思っていたんです。

それで急に食べに行くことになりました。
帰って料理できるように、切った材料とか色々持ってたんですけどね。
でも、たまにはいいじゃない?(笑)

そして考えて行ったのが「CoCo壱番屋」でした。

クマ旦那さんも疲れてたので「さっと食べられるところ」「落ちついて食べられるところ」と、ここになりました。

「ここはトッピングが充実してるから」

と、教えてもらったので、色々悩んでしまいました(笑)

そして選んだのが写真です。

「手仕込豚ヒレ勝つカレー」の「半熟タマゴタルタルソース」です。
だって、2月までの限定で、しかもお店のおすすめだったんですよ!(笑)

初めて食べたけど、おいしかったです。
ボリュームもいっぱいで、すごく満足しました。

なんとなく、チェーン店のカレーだから大したことないだろう、とずっと思っていました。
でも本当においしかったなあ。
今度は父親も連れてまた行きたいと思いました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CoCo壱番屋直伝調味スパイス(48g)【ハウス】
価格:352円(税込、送料別) (2017/12/9時点)

食いしん坊なクマとひよこの食べ物ライフ