コロナが終わるまで

父親が入院をしていて、今の状態ではなかなかお見舞いも許されません。

今日は病院にちょっと届け物に行ったんですが、先週行った時に、

「オミクロンが広がってきてるので、今度からは病院の入り口で渡してもらうことになるかも知れません」

と言われたので、電話をして確認してから行きました。

今日のところはまだ病室のあるナースステーションまで行けたのですが、すぐそこに部屋が見えているのに会うことができないのはとてもせつないです。
早くコロナが収まってほしい、いえ、本当は早く元気になって退院してほしいです。
毎日神経が参ってしまいそうな日が続きます。

今日も雪がちらちらと

今年は本当に雪がよく降ります。

といっても、こちらは本当にちらちらとだけですが。

今日もお昼頃に少し降っていて、もしもこのままずっと降り続いたら積もるかなあとか思ったんですが、すぐにやんでしましました。
ですが、毎年降るといってもこんなぐらいなので、そんなもんだろうと思って終わりですが。

ただ、その「ちらちら」の回数が多いです。
毎年1回か2回ぐらいが、もう何回も。
それだけ寒い日が多いということなのかも知れません。

この週末には寒波も一休みらしいので、できたら積もるほどは降ってほしくないなあ。

三度目はいつになるのか

今日は兵庫県のコロナ感染者が2500人を超えて今までで一番多くなったそうです。
えらいことになりました。

こうなったらできるだけ早く3回目のワクチン接種をしたいと思いますが、心配なのが父親です。
入院中です。
高齢者の優先、日にちが細かく選べないおまかせ接種、みたいなのを申し込んでいたんですが、今の体調では打てないと思います。
いつ頃になったら打てるのかなあ。
早く落ち着いてほしいです。

そしてクマさんと私も。
こちらはまだ何も案内が来ていないので、できるだけ早く来てほしいなと思って待っています。

27回目の今日

今年もこの日が来ました。

27年前のこの日、私は伯母と病院にいて、家族が全員無事だと分かった途端、申し訳ないことですが、もう命の日の残り少ない伯母の方に気持ちがいってしまい、その後の震災のことはあまり記憶にありません。
人間というのは本当に勝手なものだと思います。

それでも、やっぱりその後見た町の中のことは一生忘れないです。
倒れた高速道路、崩れた建物、町の中を走る「遺体搬送中」の車。
遠くに見えた燃えるような淡路の空。
あちらこちらに上がった火の手。

そして今年の今日は、父親が入院していて、かなり容態は安定してきたものの、高齢ということもあってまだまだ油断はできないことで、やはり父親に一番に気持ちがいってしまっています。
やはり人間というのは勝手なものです。

そして、その勝手に普通に過ごせた今日に感謝をしています。

今日も雪!

といっても、本当にちらっとだけ、です。

お天気なのにすごく寒くて、風が横向きに吹いているようなそんな感じでした。

そんな中、販売機をチェックしてたら、また雪が。

当地はほとんど雪が降らないし、降っても積もることもありません。
ですが、今日の雪は粉雪のような、小さくて固まってる雪。

「これは下手したら積もるかなあ」

そう思ってたのに、一瞬でやみました。

ああいうのが夜の内に降ると積もるんですよね。
できたら積もってほしくないなあ。

食いしん坊なクマとひよこの食べ物ライフ