典型的理系だった伯父 ~ひよこの聞き語り(25)

「ひよこの聞き語り」を書き出して、多く書いてるのは母の父、祖父のことじゃないかと思います。
会ったことない、写真しか知らない祖父ですが、たくさん話を聞いてるので、どうしても母方祖父母に話が偏りますね。

会ったことない祖父ですが、写真を見てそっくりだと思う伯父のことを今日はちょっと書きたいと思います。

上から2番目、長男だった伯父ですが、大層出来が良かった人です。
「らしい」じゃなくて言い切れるのは、本人を知ってるから。

ですが、私が知った頃には、かなり柔らかくなっていて、若い頃に絵に描いたような優等生の姿はあまり・・・(笑)

聞くところによりますと、幼い時から勉強が良くできて、今の「神戸高校」当時の「一中」から今の「京都大学」当時の「京都帝大」にずっと一番で進学するような人だったそうです。
多分東大もストレートみたいな感じだったんでしょうが、戦前という時代からか祖父が遠くにはやりたがらなかったらしいのと、その学部は東京より京都の方が難しかったかなんかで京都に進んだとも聞きました。
何にしても、超頭が良かったらしいです。

ただ、バリバリ理系だったからか、若い頃から四角四面、なんでも曲がってるのが嫌い、真っ直ぐピシっとしてないとだめ、だったとか。

一番上の伯母さんの次、間に1人か2人亡くしてるので7年してこの伯父さん、次が3つ開いて母の上の伯母さん、間で1人幼くして女の子が亡くなり、5年開いて母、その下が2年開いて末っ子の叔父さんという兄弟姉妹です。

なので、伯父さんはうちの母親から見ると8つ上、末っ子の叔父さんからすると10も上なんですね。
母が物心つく頃には、当時の中学に行ってたぐらいですか。

伯父さんが中学高校の頃は戦前だったので、学校でも運動会などが軍事教練のようだったらしいのですが、他の生徒がみんな兵隊の恰好で匍匐前進をしてる中、成績トップだった伯父さんは台の上で司令のような役をやっていて、

「ものすごくかっこよかった」

らしいです。

若い頃の写真とか見たことあるけど、なんとなく様子が目に浮かぶようです。

当時は学生もみんな足に「ゲートル」を巻いて登校してたんですが、その巻き方も、

「ここからこうしてこう巻いて終わりはここ」

みたいに、びしっときちっと巻き方が決まってて、決してずれたりしないように巻いてたとか。

物を置く時とかにも、本とかがびしっと真っ直ぐきちんと並んでなくてはならなくて、まだちびだった母や弟の叔父さんが「わざと」曲げておくと叱られたそうな(笑)

「なんでもきちっとなのでやってみたくなる」

って、ちびども悪いですね(笑)

他に、学校にも誇りを持っていたので、わざと校歌を間違えて歌ったりして叱られたりと、なんやかんやとかまってほしかったのか、叔父さんと2人でやってたようです。

戦時中はそういうわけで京都に下宿してたんですが、後にそこの下宿の娘さんと恋愛結婚をしました。
もう伯父さんも伯母さんも亡くなってしまったけど、この伯母さんも京女の面白さいっぱいで、小さい体でパワフルで、私は大好きでした。

この伯母さんが「アメリカさんと祖母」で祖母に「この人ベビさん」と言われた「この人」です。

話は戻りまして、そんな昔のことは、だから聞くしかないんですが、私が実際に見てきた伯父さんは、

「理系ってこんなんなんだなあ」

と、思うことがいっぱいある人でした。

例えば、伯父さんはお酒もタバコも飲む人だったんですが、その飲み方がもう理系。

「タバコは1日13本、まず起きて1本、朝食後に1本・・・寝る前に1本」

と、1日に吸う時間が決まっていて、

「その本数で吸うと1ヶ月で大体400本、2カートン買うとちょうどええんです」

と言ってました。

お酒も量は忘れましたが、そんな風に1日に飲む量、買う量が決まってました。

私が一番記憶に残ってるのが「あんパンとクリームパン」です。

私が大学を卒業して就職し、会社の合同の研修会が2日に渡ってあったんですが、ちょっと遠く、家に戻って翌朝出ても間に合わないことがあったんです。

泊まるところがない人はホテルとかに泊まるしかなかったんでしょうが、うちはたまたま伯父さんの家(大阪)が近かったので泊めてもらうことになりました。

ちょうど伯母さんが出産したばかりの娘(当時金沢だった)のところに行ってたので、伯父さんが朝食を作って出してくれたんですが、それが「あんパンとクリームパン」と紅茶でした。

「それが何か?」と思うメニューですが、その出し方がちょっと違うんです。

あんパンもクリームパンもそれぞれ8等分に切ってある。

「私は毎朝これを食べてますんや、こうして切っておくと1つがちょうど1口で、紅茶を飲みながらちょうど食べ終わる」

と、講釈を垂れられました(笑)

一事が万事こんな風で四角四面だったらしいのですが、私が物心つく頃にはかな~り柔らかくなっていて、幼い私にシャンソンの「モンパリ」を歌ってくれたり、ちょうど泊まりに行ってた時に深夜酔っ払って帰ってきて玄関で寝てたイメージがあるもので、かなり大人になるまでは、そんな人だとは知らなかったです(笑)

交換されそうになった母 ~ひよこの聞きがたり(24)

前々回の「小町だった曽祖母」で生まれたばかりの母を「また女ですわ」と言った曽祖母ですが、やはりこちらの祖母でした。

今日、父親と話していて聞いたら間違いなかった。
よかった、冤罪じゃなくて(笑)

父親と結婚する前に母の両親とも亡くなっているんですが、家と会社が近かったりと、父は多少祖父母のことを知っていることがあるんです。

父によると、やはり祖父の両親である曽祖父母のことは聞いたことがほとんどないみたい。
ひょっとしたら、神戸に来て割りと早くに亡くなってしまったのかも知れない。
調べたら分かるんでしょうが、今のところはそこまでしか分かりません。

それで、その母が生まれた時のことなんですが、曽祖母にそう言われて祖母はかなり傷ついて悩み、実際に交換しようかという話が出ていたようです。

相手は祖母の妹か姉。
多分妹だったと思うので、ここでは一応妹(仮)で話を進めたいと思います。

祖母の姉妹はおそらく5人、全員女の子だったようです。

一番上が神戸の花隈で料亭をやっていた長女で、私が高校2年の時に亡くなりました。
私達はこの人のことを「大きいおばあちゃん」と呼んでました。

一番下が「大きいおばあちゃん」と一緒に料亭をやっていたのかどうか分かりませんが、一緒に料亭に住んでいた人で、私達はこの人のことを「小さいおばあちゃん」と呼んでました。
大層なべっぴんさんだったんですが、私が小学校2年の時に亡くなりました。

間に3人いるはずなんですが、1人は分かりません。
私はどういう人だったか聞いたことがないので、ひょっとしたら若いうちに亡くなったのかも知れません。

残った2人が私の祖母と、その妹(仮)でした。

祖母は上から女、男、女、女(母)、男が成人した子供です。
そして妹(仮)は上から女、男、男、男が成人した子供です。

妹(仮)は最初の人と死別か離別したらしく、一番上の女の子は「大きいおばあちゃん」夫婦の養女になってました。
これは、かなり大きくなるまで隠していたようですが、私が物心つく頃には、もう普通にみんな知っている事実でした。

この女の子の後、ちょっと間が開いてから次の父親の子として3人の男の子が生まれました。
この3人がうちの母親と大体同じ年代です。

どうやら曽祖母は、そちらには「また男の子」と言ってたようです。
う~ん、なんか、結構、いやかなり性悪ですなあ、曽祖母(笑)

そう言われたその妹(仮)も悩んでおり、姉である祖母と、

「男の子と女の子1人ずつ交換しようか」

という話が出ていたんだとか。

あちらの次男とうちの母親がほぼ同じぐらいの年だったかな、その2人を交換する、そんな感じです。

どういう状態でその話が出たのか分かりませんが、祖母がその話を祖父にしたら、叱られたそうです。

「男の子でも女の子でもうちの子には変わりない、そんな馬鹿なことは考えないように」

と言われ、交換はなくなったとか。

もしも、その時に母とあちらの次男が交換されてたら、母と父が出会うこともなかったかも知れない。
そうしたら、私も妹も生まれてないかも知れない。
そう考えると、ものすごく私と妹の運命を左右する出来事だったんだなと思います。

それにしても、どっちでもええやん、自分の孫やのに・・・
ちょっとひいおばあちゃんを叱りたい気持ちです(笑)

阪急電車と祖父 ~ひよこの聞き語り(23)

前回、前々回と、曽祖父母の話を書きましたが、今日は1代進んで母の父である祖父のことをちょっと書きたいと思います。

祖父は前々回書いた広島から神戸に来た曽祖父母の息子です。
実は上にお兄さんがいたようなんですが、若くして亡くなったので一人っ子みたいなものだったのかな?
祖父の兄弟姉妹の話は聞いたことがありません。

両親と神戸に出てきて、そう裕福な生活はできなかったらしく、誰のだったか分からないんですが「書生」をやっていたそうです。

「書生」って分からない人もいるかも知れませんから、ちょっとだけ調べて説明を。
私もなんとなくしか知りませんので(笑)

本来は「学問をする者」だったようですが、明治・大正時代には、

「他人の家などに住み込みや家事、雑事をしながら勉強や下積みをする者」

の意味合いが大きかったようです。

私の印象もほぼそんな感じ。

とにかく、曽祖父母とどうなってたのかは分かりませんが、祖父は「書生」をして阪急系の企業で働くようになったらしい。
その時に、阪急電車や宝塚歌劇の生みの親の小林一三翁にもかわいがっていただいたのだとか。

祖父はとにかくきちんとしていて、教養があるだけではなく紳士だったようです。

見た目だけじゃなく、中身も曲がったことが嫌だったようで、こんな話を聞きました。

当時、阪急関連のどのぐらいの方かは分かりませんが、阪急電車に乗るのは無料だったとか。
祖父は多くの人に顔を知られていたので、何か書類とかを見せたりしなくても、改札の人が黙って通してくれるぐらいの人ではあったようです。

「お父ちゃんがさっと片手をあげたら駅員さんが頭を下げて、どうぞ、と通してくれてた」

と、母から聞きました。

そして、そういう人達の中には、家族を連れていたら家族も無料で改札を通し、無料で電車を使っている人も少なからずいたようです。
本当は会社の関係の本人だけなんですが、お偉いさんが家族を連れてきて一緒に通したら、駅にいる駅員さん達は何も言えなかったんでしょうね。
暗黙の了解のようになっていたようです。

ですが、うちの祖父はそういうのを嫌がってやりませんでした。

うちの母親も祖父と電車に乗ることがしばしばあったようなのですが、その時、祖父は母にこう言ったそうです。

「お父さんはこの会社の関係者やからただで電車に乗れます、でもあなたは家族で社員じゃないから切符を買って乗りなさい」

そう言って、母が自分で買ったのか、祖父が買って持たせたのか分かりませんが、家族にもいつも普通に切符を買わせていたそうです。

子供の頃から何回も聞きましたが、そのたびに、

「おじいちゃんは偉いなあ」

と、思ってました。

ルールはルールです、守るためにある。
強いものがそれを破るのは簡単だけど、強いから、上にいるからこそ、守らないといけない。
たったそれだけのことなんですが、守れない人のなんと多いことか。

ひょっとしたらそれを迷惑に思う人もいるかも知れない。
「自分だけは得したい」と人間だったら思わないことありませんもんね。
苦労してきた人だからこそ、不正はしたくなかったのかも知れない。

そして切符を買って祖父と駅に入ると、

「しばらくしてお父ちゃんがタバコを消すと電車が来る、不思議やなあと思ってた」

のだとか。

当時は駅でタバコを吸うのは禁止じゃなかった時代ですからね。
祖父は電車が来るまでの間しばらくタバコを吸ってて、そして灰皿でキュッとタバコを消すと電車が来る。
それがいつもだったのだそうです。

タネ明かしをすると、

「電車が来るちょっと前になると信号が赤から青に変わる、お父ちゃんはそれを見てタバコを消してたんやとそのうち分かった」

んだそうです(笑)

小さい母が祖父をじっと見て、そしてタバコを消すと電車が来る、不思議やなあ、お父ちゃんすごいなあ、と思ってたんでしょうね。
想像して、ほほえましくなります、今も(笑)

小町だった曽祖母 ~ひよこの聞き語り(22)

前回まで書いてた広島から神戸に出てきた曽祖父母ですが、これは母の父の両親の話です。

残念ながら、それ以外は全くどういう人だったのか聞いた記憶がありません。
「没落して広島から神戸に来たこと」と「長男を早くに亡くしていること」だけです。

今日は母の父方ではなく、母の母方の曽祖母のことをちょっとだけ書きたいと思います。
この方のこともほぼ知らないんですが、母からちょろっとだけ聞いてることがあるのでそのことを。

母の母の母である曽祖母は、どうやら美人だったそうです。
元々が明石の造り酒屋の娘で、若い頃は「江井ヶ島小町」と呼ばれていたそうです。

その小町さんがどういう経緯で神戸に嫁いだのかまでは分かりませんが、明治も後半ぐらいの時代のことなので、多分お見合いじゃないでしょうか。

ただ、うちの母親は、この曽祖母、母から見た祖母とはあまり合わなかったらしいです。
母が小学生の頃に亡くなったので、合うとか合わないとか言う以前じゃないかと思うんですが、少なくとも母は「嫌いだった」と言ってました。

どうして嫌いだったかと言うと、今はあまり使ってはいけない言葉を投げられていたから、だそうです。

うちの母は、私が知ってる大人になった母ですが、よく歌ったり踊ったりしてました。
どっちかと言うと陽気な人だと思います。

ただ、子供の頃はかなり難しい子供だったらしい。

例えば、母の兄弟姉妹は全員、そして私や妹も「生田神社」の氏子で、伯父伯母達は小さい頃にお祭りで「お稚児さん」をやってたらしいのですが、幼い母だけは断固として「嫌」と言ってやらなかったとか。
高校時代には演劇やってたり、大人になってからは社交ダンスやったりしてたらしいので、とっても信じられませんが、とにかくそういう子供だったとか。

そして曽祖母と会う時にもほとんど口をきかなかったらしい。

あまり今は使っていい言葉ではないんですが、時代的なことで、具体的にそう言われてたらしいので書きますが、あまりに話さないので、曽祖母からいつも、

「おまえはおしか?」

と、言われていたんだそうです。

会う度に言われ、

「それで余計に口をきかなかった」

と言ってたので、孫にそういうこと言う祖母も祖母なら、孫も孫だと思いますが、まあ、そういう感じだったとか。

それともう一つ、これは母の父方か母方かはっきりしないので、もしも祖父の母である曽祖母の話だとしたら、小町の曽祖母には大変申し訳ない間違いになるんですが、どうもこの方だったんじゃないかなと思うので、もう一つエピソードを書きたいと思います。

母には姉が2人と兄が1人、そして弟が1人います。
上から、女、男、女、母、男の順番なんですが、その1番目と2番目の間に1人か2人、そして上の伯母と母の間でも1人亡くなってるいるそうなんです。
1番上の伯母と2番めの伯父の間は7つ開いていて、その間で亡くなったのが男の子で、母のすぐ上で幼いうちに亡くなったのは女の子でした。
なので母は少なくとも4女になります。

その段階でまだ下の叔父は生まれてなかったので男の子は2番目に生まれた長男の伯父だけです。

そして4番目の女の子の母を産んだばかりの祖母が、まだ床上げもしてない時に曽祖母が、お祝いを言いに来てくれる見舞客に、

「また女ですわ」

と繰り返し言っていて、それを耳にした祖母はいたく傷つき悩んだらしいのです。

私の中ではそれもその小町の曽祖母だとずっと思っていたので、「美人だけど性悪な人」なイメージができてしまってます。
そもそも、祖父の両親の話は最初に書いた2つ以外聞いたことがない。

それでも、まだ戦前か戦時中のことですが、その曽祖母が亡くなる時にお小遣いをくれて、

「動物園にでもいっといで」

と言われ、多分下の叔父と2人でだと思うのですが、今はないけど諏訪山の動物園に遊びに行き、帰ってきたら亡くなっていたらしいです。

本当はどういう人だったのかなあ、もっとおじちゃんおばちゃん達にも聞いておけばよかった。
さすがに高松のおじさんは覚えてないと思うし。

ちなみに、その曽祖母の出身の明石のM酒造ですが、合併して今はそこそこの大きさの酒造会社の一部になっているのではないか、と聞いています。

私が高校の頃、まだ大伯母達が存命の頃、江井ヶ島にあるお墓の話をしていたので、あの時によく聞いておけば、ご先祖のお墓参りに行けてたかも知りませんね。
うちの母親は場所を知らないそうで、一番上の伯母だけが「江井ヶ島のおばあさまの家に行きました」と作文に書いてたのを知るばかりです。

どこにあったのかなあ。
広島はすぐに行ける距離じゃないけど、江井ヶ島は日帰りできるところなので、知らないうちに血縁のある親戚とすれ違ってる可能性もあるのかも、と思うと、ちょっと変な気持ちになったりしますね。

あ、最後の最後ですが、私には小町の片鱗もございませんのであしからず(笑)

「本家」と「分家」 ~ひよこの聞き語り(21)

前回、母方の曽祖父の時に「家屋敷」「家系図」「刀剣一式」を「100円」で売り払って神戸に出てきた話を書きました。

その売り払った相手なんですが、どうやら「分家」の方らしいのです。

ところがこの「分家」やら「本家」やらが、ちとややこしいのです。

元々うちのご先祖の方が「分家」だったらしいのですが、ある時、「本家」か「本家の跡取り」か分かりませんが、何か不始末をやらかして「廃嫡」され、その時からうちのご先祖が「本家」になったのだとか。
それからご維新の時までずっと「本家」だったんですが、没落し、全財産を売り払った「100円」を持って神戸に出てきた、ということらしい。

「らしい」ばかりで恐縮なんですが、私も「聞いた話」ばかりなので、うちはそれこそ「本家」ではないもので、「らしい」としか言えません。
ただ、「そうだったらしい」としか。

そして、その「分家」とも戦後しばらくまではお付き合いがあった「らしい」のです。

ある年、「分家」の方の結婚式があり、うちの母の兄、長男がその結婚式に呼ばれたのだとか。
そこで親戚の紹介の時に、あちらが「分家の○○さんです」と紹介されました。

その話を聞いて兄弟姉妹の一番上の伯母さんが大層憤慨し、

「うちが本家やのに!」

とぷりぷりしてたらしいのですが、肝心の出席した「分家」と呼ばれた伯父さんは、

「今の時代、もう本家も分家もない、だから「分家の○○です」と挨拶した」

と言って、さらに伯母さんが怒ったとか。

なんか、2人の性格が出てるなあと思って子供心に面白かったのを覚えています。

一番上の伯母さんだったら多分そういうの我慢できないだろうなあ。
そして伯父さんはバリバリの理系なので、本当に「そういうの関係ない」んでしょう(笑)

あちらの方にしたら、「元はうちが本家」と思っているところに、多分財産全部を「100円で取り返した」時に「本家」も取り返したと思っていたのだと思います。
だから、もしかしたら、結婚式にうちの伯父さん、「元本家の長男、後継者」を呼んで「分家の」と紹介することではっきりさせたかったのかな?

うちは、見事に一番上の伯母さん以外は「そんなの関係ねー」な、小島よしお的考えの人ばかりなので、伯母さん一人がぷりぷり怒って、他の人がほっとく、てな感じだったのだと思います(笑)

私ももちろん「本家」だの「分家」だの関係ない、ってな方です。
そもそも、そういうのがあったとしても、母が結婚して姓が変わってる段階で本当に関係ないし。

ただ、おそらくですが、広島の「本家」があったところには、ご先祖のお墓だとか、家屋敷の跡だとか、何か縁の痕跡があるかも知れないんですよね。
それだけは、ちょっと見てみたかったかもなあ、と残念ではあります。

食いしん坊なクマとひよこの食べ物ライフ