「家族」カテゴリーアーカイブ

行ってもいい?

喘鳴解除、とうとうされましたね。

兵庫県が解除されても全国で解除されても、やっぱりあまり変わりないです。
外から帰ったらしっかり手洗い、顔洗い、うがい。
そしてあっちこっち消毒。

買い物に行く回数も減らしてるままです。
買い物して帰った物はできるものにはアルコール消毒。
いつもより一手間かかります。

そんな中、土曜日の夜に妹からメールがありました。

「そろそろ行ってもいいと思う?」

もしも妹一家経由でコロナが父親に感染すると大事なので、多分2月から来ていません。
大体月に1回ぐらいは来てたんですけどね。

返事に困りました。
だって、今生きてる人類でこんな事態経験した人がいないような出来事です。
大丈夫、なんて言えるはずがない。

なので、

「後で大げさだったと笑い話になるのはいいが、もうちょっと我慢したらと泣くのは辛いだろう」

と返事をし、妹もそう思ったようでもう少し来るのは考えるようです。

父親も88歳、私はほぼ毎日のように会ってますが、妹は来る回数をどうしても考えてしまうよう。
気持ちは分かります。

でも、

「まだまだ大丈夫やんなあ、失礼やなあ」

と、父親と笑ってます(笑)

足腰は弱ってるけど他は元気ですしね。
主治医の先生も「お父さん内臓は丈夫やから」と言ってくれてます。
大きい手術はしてるけど、元気と言っていい状態でしょう。

だからこそなお、ちょっとのことで怖い病気が来ないように、もう少しだけ我慢してください。

十三回忌ができなかったので

いつもは木曜日にお休みする私ですが、今年は昨日の水曜日がクマ旦那さんのお誕生日、そして今日が母親の祥月命日なのでお休みを水曜日にずらしました。

今日は本当なら、朝からお墓の掃除してお参りしてと思ってたんですが、こんな時期なのでお墓はやめることにしました。
というのも、店を半分閉めていつもよりもっと暇にしてる父親がお墓参りに行く、と言い出したからです。

お墓だったら大丈夫かなと思いますが、お墓に行くにはお花買ったり色々しないといけない、人と触れる機会が増える、そしてお墓に人がいないと言い切れない、父親を車椅子で運ばないといけないので時間もかかる、大変です。

お線香だけさっと上げて帰ってこようかとも思ったんですが、だったら落ち着いてからきちんと掃除もしてお花も飾って、そこに連れて行ってあげた方がいい。

「母も怒らないだろう」

と言ったらクマ旦那さんが、

「怒らないじゃないでしょ、お母さんは来るなって怒るでしょう」

と言ってくれて、そうだなと納得しました。

今日はお仏壇だけちょっと丁寧に掃除して、そこに母の好きなものをお供えして実家でおとなしくお参りしたいと思います。

予定していた十三回忌を延期して、命日当日にお墓参りに行きたい父親の気持ちも分かりますが、そういうの全部我慢する時期なんですよね、今は。

連休中日

お彼岸、春分の日の3連休だそうです。

私は木曜日が定休日で、その日は休んだものの昨日は普通の日を過ごしました。
そしてお墓掃除に行ったりしていつもより逆に忙しい日でした。

今日もまた普通の土曜日だったんですが、妹が実家に来ました。
コロナ騒ぎでしばらく来られなかったんですが、「少しだけ」と1人でやってきました。

私は毎日父親と会ってますが、いくら車で1時間ぐらいとしても、妹からすると「あと何回会えるんだろう」になるんですよね。
気持ち、すごく分かります。

なので、気をつけて気をつけて、来てる間ずっとマスクを取りませんでした。
ただ、肝心の父親が、全然マスクをしてくれないんですけどね。
なんで嫌がるのか分かりませんが、昔からずっとそうです、インフルエンザが流行ってるから、と言ってもつけたがらない。

そういう状態なので、本当は今日、父親の病院の日だったんですが、延期させました。
本人は行くつもりだったみたいですが、病院にも連絡して、来週あたりに私がお薬だけもらいに行くことにしました。

分かってるのか分かってないのか分かりませんが、誰もコロナにかかってほしくないです、もちろん私も。

そんな中で、ちょっと顔を見たら安心したんでしょうね、妹もほっとしたように帰っていきました。

「心配せんでも大丈夫、元気やから」

そう言えるのも近くにいるからなんだなあ。
私は本当に恵まれていると思いました。

ホワイトデー

今日はお昼から家にいたんですが、突然エントラスからの呼び出しのチャイムが。

出てみたらなにか荷物が届いてるらしい。
何も注文してないし、何かが来る予定もないし、何かなと思ったら・・・

「あ、お母さんからお菓子、そうかホワイトデー!」

すっかり忘れてました(笑)

開けてみたらこんなかわいいものが入ってました。

かわいいでしょ!
バレンタインにチョコを送ったんですが、そのお返しです。

早速電話をしてお礼を言いました。
お母さん、すごくかわいくて乙女な方なんですが、おかげで私までかわいいかわいいのをいただけてとってもうれしいです。

電話でもやっぱりコロナのことになりました。
お互いに気をつけましょうと言いますが、目に見えるものでもないし気のつけようもないことです、早くおさまってほしいねと電話を切りました。

「これは私がもらったから独り占めしようかな」

と、クマ旦那さんをいじめておりますが、本当、独り占めしたいぐらいかわいいです(笑)

法事を延期しよう

この4月に母の十三回忌の予定です。

4月の頭の方なんですが、少し遠いところからも叔父さんやいとこが来るし、そもそも主催者の父親を含め高齢の人も多いので、妹と2人で父親に延期してはどうか、と少し前から言ってます。

「もうちょっと様子見てから」

政府が色々我慢してと言ってる2週間は待ちましたが、まだ「もうちょっと」と言うので、今日は高松のおじさんにも電話をして、少し話をしました。

おじさんは「どっちでも」と言ってましたが、妹と私が延期した方がいいと言ってること、延期してみんな楽しくして欲しいと言ったら、延期でいいんじゃないかと分かってくれたんですが、父親本人がどうしてもやりたいような感じです。

いや、もしかしたら延期してもいいと思ってるのかも知れませんが、なんだかまだ状況が好転しないかと待ってるような感じです。

数ヶ月か、もしかしたら満13年になる来年4月でいいんじゃないか、と言いながら、

「来年まで生きてるでしょ、元気でしょ」

と言ったら笑ってました(笑)

少しずつ気持ちが傾いていってくれてるようにも思うんですが、納得してくれるにはもう少しかかりそうです。
できるだけ早く決めないと、みんな困るから早く納得してほしいと思ってます。