「家族」カテゴリーアーカイブ

豪雨のちこぶり

昨夜はワールドカップの日本:コロンビア戦を見て大興奮しました。
まさか勝つとは・・・

思えば大会始めから番狂わせ続きですが、日本もそれにうまく乗っかれましたね。
でもまだまだですよ、始まったばかり。
これからもがんばれ!

そんな翌朝ですが、気持ちと裏腹にお空は曇り、雨いっぱい。

6時半頃、いつもお天気見がてらゴミをを出しに行きます。
今日はビン・缶の日でほんの少しですが出すものがありました。

ひょいっと小さい袋を下げて、玄関を開けた途端、

「ざああああああああああああ!」

黙ってそのままドアを閉めました。

だってこんな豪雨久しぶり。
風がないだけで台風レベル。
とてもゴミ捨てにのために建物から出る気にはなれないぐらい。

クマ旦那さんはお仕事です。
職場に着くまでにずぶ濡れになるだろうから、タオルに着替えの靴下に、古新聞に、と荷物をまとめました。

でも・・・

「すごい雨、あんまりひどい、車で送ろうか」

ということに。

クマ旦那さんの職場はJRで1駅向こうです。
ですが、駅まではバス、着いた駅からまた歩いて10分だか20分だかかかります。
この雨だとバス停(マンションのすぐ前ですが)に着くまでに全身ずぶぬれです。

送っていくことにして、私も色々準備です。
洗濯は帰ってきて干せるぐらいに仕掛けて、とか、やることは色々あります。

7時になり、父親に定時連絡で「送っていくと思う」と伝え、念の為にとドアを開けてみたら、

「さあああああああああ・・・・・・」

ぐらいに・・・

また黙ってドアを閉め、

「残念ながら、送るほどの雨ではなくなりました」

と報告したら、

「ええええええええ」

って(笑)

でも本当に小ぶりになってしまったのだからしょうがない。

ということで、送らなくてよくなりました。

クマ旦那さんは「ええええ」と言いながら、残念そうに家を出て行きましたが、こぶりになってよかったね(笑)

私も一仕事なくなったので、いつもの家事に戻りました。
やっぱり平穏無事が一番。

あめふりくまのこ

昨日は一日いいお天気で、家にいたので窓を開けたまま部屋に思い切り風を通して気持ちよかったです。
午後からなんか、窓を開けてたら寒くなって閉めたぐらい。

打って変わって、今日は起きたらもう雨。
6時半ぐらいにゴミを捨てに外に出たんですが、傘がいるかな?いらないかな?ぐらいの細かい雨が落ちてきてました。

「雨がやむ途中なのかこれから降るのかどっちか分からんけど、細かい雨が降ってたぐらい」

と、クマ旦那さんに報告すると、

「これから僕が外に出るのよ?」

と。

「あ、なるほど、これから降るのか、よく分かってるね」

と、笑うこと笑うこと(笑)

実はクマ旦那さん、「雨男」いや、「雨クマ」なのです(笑)
本当に出かけるとなると雨が降る降る。
本人が自覚するほど出かける日は雨(笑)

思わず、

「あめふりくまのこ」が浮かんでしまいました。

童謡にあるんですが、ご存知の方どのぐらいいらっしゃるかなあ?
山に住むクマの子供が雨でできた川をのぞいたり魚を探したり、雨がなかなかやまないので最後には葉っぱをかぶって傘にする、とってもかわいい童謡です。

お仕事に出かける時、やっぱり私が出た時よりも雨が多くなってました。

「ほらね」

って、得意そうに出掛けていくクマ旦那さん、やっぱり葉っぱの傘が必要ですね(笑)

あまりに想像がかわいかったので、思わずあめふりくまさんのアイコン?を作ってしまいました(笑)

よその人みたい

今日の午後、父親を散髪に連れて行きました。

昔は歩いて行ったこともあるぐらい近くて、その後は自分で運転して行ってたんですが、今は送迎してます。
なんとなくさびしいですが、仕方ないですよね、足腰悪いし。

もう長い間同じ散髪屋さんに通ってます。
一時、すぐご近所、徒歩数十秒のところに新しい散髪屋さんが出来て、その時はさすがにそこに通ってたんですが、そちらが閉店したので元に戻りました。

うちも年を取りましたが、散髪屋さんのご夫婦も結構な高齢になってらっしゃいます。
できるだけ長くやってくれたらいいなあ。

父親が散髪から帰ってきたら、よく母親が言ってました。

「よその人みたい」

髪のセットの具合がね、ちょっと違うんですよ(笑)

今は私が言ってます。

「ほんまによその人みたい」

そう言っておいて、

「今しか撮れないから」

と、記念写真撮ってます。

だって、明日の朝になったらセットし直してもういつもの父親ですから(笑)

さすがに写真はアップできませんが、見るとやっぱりよその人みたいで面白いです(笑)

いらちとのんびり

今朝、寝坊しました・・・

いつもより20分ぐらい遅く目が覚めた。
というか、一度はいつもの時間に眼が覚めたのに二度寝してしまった。

気がついて、

「あかん、寝坊した、早く起きて!」

と、クマ旦那さんを起こし、急いで朝の準備にかかりました。

まずクマ旦那さんの朝食、それからお弁当。
そうしておいて今朝はまた燃えるゴミの日なので回収もしないといけない。

ここで着替えて洗濯の準備。

その間、クマ旦那さんは朝食食べて「歯磨きするよ~」と、本人は急いでるつもりなんだろうけどのんびり歯磨き。

いつもより30分ほど遅く、それでもまあ範囲内にゴミ捨て行って戻ってきたらまだ歯磨きしとる・・・

「もう今日はバス間に合わないから次ので行くよ~」

朝、いつものバスとちょうど10分遅くにバスがあるのです。
なので家を出る時間も10分ちょうど遅くでいいので間違いにくくてそれはラッキーです。

ただ、このバスがいつものより混むのだそうです。

「あのバスいっぱいだからあまり乗りたくない」

と言いながら、あまり急がないクマ旦那さん(笑)

私なら、20分遅れぐらいだったら急いで準備するんですが、のんびり屋さんなのでいつものペースで用意して、あまり乗りたくないバスに乗るタイプ(笑)

「いってくるよ~」

と、遅れた風もなく普通に出勤して行きました。

私は慌てて準備して、クマ旦那さんがいつも出勤する時間には、もう追いついていたんですが、外に出て行く本人はのんびり出勤。

いつもこういう感じです。

いらちとのんびり、どっちが得なのかなあ?
いつも考えてしまいます(笑)

クマさんには帰ってくる家があった(笑)

昨日、仕事関係の飲み会に行ったクマ旦那さんですが、な~んも連絡がないまま11時半頃になりました。

「今日はもう帰ってこないかなあ、それにしても連絡ぐらいしてくればいいのに」

と、メールで、

「もうオールナイトかな?寝るからね」
「連絡くれないと心配」

と送って、寝ようとしました。

そうしたら0時を20分ほどまわったところで、

「今駅に着いた」

と、電話が。

もうこちらは寝る準備してしまってるし、実際もう半分以上寝てました。

「もうちょっと早く連絡してくれればよかったのに、迎えに行ったのに」

と言ったら、

「歩くからいいよ」

って、夜中に一人では危ない。

タクシー使うように言ったんですが、歩いて帰ってきたのが1時頃みたいでした。
もう寝てしまってたので、私は(笑)

「○さんのところに泊めてもらうのかと思った」

と言ったら、

「○さんは急な出張で今日はいなかった」

のだそうです。

正直、帰ってきてくれたらやっぱりほっとします。
昨夜、なんだかちょっとお化けでも出そうな感じで心細かったので余計に(笑)

でもやっぱり連絡ぐらいは欲しいぞ、うん。