ひよこ奥さん のすべての投稿

母から子へ、子から孫へ

私は生まれた時、と言うか両親が結婚した時には父方も母方も両方の祖母がすでにいなかったもので、おばあちゃんというものを知りません。

なのでクマ旦那さんと結婚した時、初めておばあちゃんと呼べる人ができて本当にうれしかったです。
小さくて、腰が曲がってて、やさしいなまりで話してくれて、自分が作った野菜を送ってくれたり、昔話に出て来るような、そんな絵に描いたようなおばあちゃんでした。

そのおばあちゃんも今はすでに亡くなってしまいましたが、短い間でもおばあちゃんと呼べる人ができ、本当に幸せでした。

ただ、会ったことはありませんが、父方も母方も、両方のおばあちゃんの話を色々と聞いてはいます。
私は両親からそういう話を聞くのがとても好きでした。

話だけではなく、母方の祖母の味も伝えてもらってます。
我が家では「おばあちゃんオムレツ」と呼ぶオムレツがあり、それもその一つです。

どういうオムレツかと言いますと、コンニャクとタマネギ、牛肉を甘辛く煮付けて具を玉子で巻いて作ります。
想像ですが、恐らく戦後の物のない時代に、少ない肉でも大家族が満足できる工夫したんじゃないかなあと思います。
うちの母の兄弟姉妹だけではなく、色々あってそのいとこ達に孫まで、全部で10人以上で生活していたようですから。

細かく切った牛肉と、細長く切ったコンニャク、薄切りのタマネギを砂糖、みりん、濃口醤油で甘辛く煮付け、玉子で巻くか混ぜ込んで焼きます。
残った具は翌日ご飯にかけて牛丼にも。

今日は作った具を実家に持って行き、父親のお昼ご飯にしてきました。
我が家の母の味、祖母から伝わる味でもあります。

うちは子供がいないので、直接伝えることができないのが残念です。
この日記を見て作って食べて、おいしいと思ってくれる方がいたら幸せです。

画像

<a 続きを読む 母から子へ、子から孫へ

冬が始まる

立冬だそうですね、どうりで寒いはずです。

とは思うんですが、昨日買い物に行った時、半袖半ズボンで信号待ちしている男の子がいました。
子供ってなんであんなに元気なんでしょうか(笑)

私はあれほど寒さには強くないので、今日は温かいシチューにしました。
このシチュー、我が家では普通に「シチュー」と呼ぶとこれというぐらいの定番です。
これも来歴不明ですが、我が家の母の味でした。

牛肉、タマネギ、ニンジンと本当はジャガイモを使うんですが、うちは夜は糖質使わないメニューにしているので代わりにキャベツです。
野菜を切って煮て、お醤油ベースで味付けして、コショウを利かせていただきます。

キャベツでも十分同じ味になるけど、やっぱりホクホクジャガイモも懐かしいなあ(笑)

画像

<a 続きを読む 冬が始まる

嫌いは損

今でこそ食べられない物はない(あ、もちろんゲテモノ系は無理)私ですが、子供の頃は本当にひどい偏食でした。

肉嫌い魚嫌い野菜嫌いあれ嫌いこれ嫌い。
子供が大好きな定番のカレーまで食べられませんでした。
今思い出しても何を食べてたのか自分でも不思議になるぐらいです。

その代わり、なぜか子供が嫌いなニンジンとピーマンは食べられたのでその頃からへそ曲がりだった?(笑)

毎日のように食べる物がないので、もう幼稚園ぐらいから夕食に食べられる物がない時は、ストーブの上で小さいフライパンでソーセージを炒めてそれを食べてました。
後年分かったことですが、母が結構偏食だったので、それで甘かったのかも。

父はいつも仕事で遅かったんですが、たまに一緒に夕食を食べると、食べないと怒られるので嫌だったなあ(笑)

なので給食では苦労しました。
今はそんなことがないらしいのですが、私が子供の頃は給食は残させてもらえなくて、毎日のように残されて食べるまで座らされてたなあ。
大抵メンバーが一緒なので、その子と仲良くなったりもしたぐらい(笑)

それが、なぜなんでも食べられるようになったかと言いますと、小学校の頃、初めて父の田舎に行った時(父の仕事が忙しくてそれまで行けなかった)、色々見たこともないのが並ぶのに自分は食べられない、なんか悔しくて食べてみたら思わぬおいしさにびっくり。

色々な珍しいものを食べてるうちにこう思いました。

「これは、食べられないのは損だな」

と(笑)

それからは色んな物が食べられるようになり、今では一般的に食卓に上がる物は、アレルギーがある物以外はなんでも食べられます。
その中でも好き嫌いはありますけどね。

うちのクマ旦那さんは魚は大丈夫なんですが魚の骨が苦手です。
それで、自然と肉が多くなってしまうのはちょっと困りものですが、肉料理のレパートリーは結婚してからさらに広がったかな(笑)

今夜は結婚前から作ってたけど今も作ってる定番です。
本当はパン粉を使うんですが、一応炭水化物を意識して料理してるので、パン粉の代わりにおから粉(粗め)をつかいましたが、パン粉と同じ味になりました。

豚肉を筋切りし、塩コショウした上にマスタードを一面に塗ります。

その上からパン粉をまた一面に。
お好みでバジルやパセリを散らしてもいいですね。

それを焼いたら「デビルズポーク」の完成です。

むかしむかしに何かの番組で見て作り始めたんですが、今じゃ何から習ったかも分からないぐらいの定番になってます。

c20131105n

<a 続きを読む 嫌いは損

見ておいしい作っておいしい

私は結構なテレビっ子です。

と言っても、じっとテレビに集中して見ているよりも、何か用事をしながら流し見、半分は耳で聞いてるだけってことも多いかな。

なので、何回も耳にしてるCMを、ある日最初から全部見て、

「え、これってこんな映像だったの!?」

と、びっくりすることも(笑)

そんな中でも集中して見ている番組ももちろんあります。
朝の連ドラもしっかり集中して見ています。

今朝、「ごちそうさん」を見ていたら、食卓に「キャベツのサラダ」が並びました。
えらくそれがおいしそうで、番組のサイトにレシピがないかと見てみたんですが、ありません。

ひょっとしたらこれから公開される可能性もありますが、今日のところはとりあえずない。
なので、自分のイメージで勝手に作ってみました。

食べたいと思ったら待ったなしなのは、ヒロインめ以子と一緒ですね、私(笑)

キャベツとニンジンを短冊に切り、塩を振って熱湯をかけて少ししんなりさせ、その上から酢、サラダ油、塩コショウを振って味付けるだけ。
甘みも出て、しゃっきり感も残ってておいしくできました。

画像

続きを読む 見ておいしい作っておいしい

木枯らし一号が吹きました

私が住んでいる近畿地方で木枯らし一号が吹きました。
昨年より6日遅いらしいですが、先日までクーラーが欲しいぐらいだったので体がついていかない感じですね。

あまりに寒いのでお昼からはお布団で本を読もうと思ったらつい寝てしまいました。
連休なのでたまにはいいですよね(笑)

目が覚めたらもう夕方になってしまってたんですが、今日は最初から簡単にできるように考えてたので、あせらずにすみました。

買い物に行くのもさぼったので、冷凍庫から鶏むね肉を出しておいたのです。
野菜室に入ってたキャベツも出し準備完了。

まずはキャベツをザク切りにします。
大きさはどうでもいいですが、火が通った後に食べやすい大きさがいいですね。

切ったキャベツをフライパンに敷き詰め、一口大に細切りにした鶏肉を並べて塩、酒を振ってぎゅっとフタをし、蒸すだけです。
鶏に火が通ったらフライパンのままでテーブルの上に出し、各人取り分けてポン酢をかけて召し上がれ。

寒い日にもホクホク食べられる一品です。
何より、洗い物も少なくて簡単なのが一番です。

画像

<a 続きを読む 木枯らし一号が吹きました