休館日明け

入院前に図書館に予約していた本が入院中に「準備できました」と連絡メールがきました。

どうしようかと思っていたんですが、クマ旦那さんが電話連絡してくれたら、

「次に予約の入ってるの以外は休館日明けまでお取り置きしておきます」

とのことで、取っておいてもらえました。

タイミングよく、図書館が年に一度の整理日の長期休館日と重なっていて、今日からまた開館しました。

おかげで順番待ちしなくても読みたかった本の続きを読むことができました。

読んでいたのは「みおつくし料理帖」の7巻目の「夏天の虹」です。

物語は前巻で主人公澪が人生の岐路に立つところで終わっていたんです。

もう気になって気になって(笑)

帰ってきて早速7巻を読み、次は8巻にかかっています。

9巻は今年に出たところでまだまだ順番待ち中、そして今年中にラストの10巻が出る予定です。

早く最後まで読みたいような、読み終わるのがさびしいような、そんな気持ちでいます。

味つきと焼きと

実家がお客さんかのりをいただきました。

プラスチック製の容器に入っていて50枚ぐらい入ってるのかな、父親一人では開けて食べないし、持って帰って食べることにしました。

一昨日、それを開けて1枚食べたら、

「甘い・・・」

気がついてなかったんですが、焼きのりではなく味つけのりのようでした。

なんだか長い間食べていなかったせいか、ずいぶんと甘く感じてちょっと苦手な感じ。

子供の頃は味つけのりを食べてた気がするんですが、いつからか焼きのりばかり食べたら違和感を感じるようになってしまったんですねえ。

私が苦手だと言ったので、今はもっぱらクマ旦那さんが食べてます(笑)

半分から

今日はクマ旦那さんの敷布団の上掛けを洗いました。

今はまだ外に干したりできないので1枚ずつしか洗えず、先日、まだクマ旦那さんが寝てる間に自分のだけは先に洗ってありました(笑)

お風呂場乾燥機を使ってるので、他の洗濯と一緒だと1枚ずつしか洗えないんですよね。

次はシーツを洗いたいなあ。

前は一度にできたことが半分かその半分ぐらいしかできないので、少しずつやってます。

一つでも片付くと気持ちいいですよね。

一安心です

実は、入院中に少し他の部分の体調を崩しました。

脳外科単科の病院だったので、質問してもあまりこれと言ったお返事はもらえず、退院したらそこの病院で診てもらってくださいのように言われてて、少し不安な日々を過ごしていたんです。

今日はその内科の予約日で行ってきました。

先生に相談したところ、軽く笑いながら「よくあることなので気にしなくて大丈夫ですよ」と言ってもらって一安心。

入院した経緯とかを話して、そちらの治療との兼ね合いなども相談し、かなり心が軽くなりました。

病気による体のストレスからそうなることもあるそうで、そこにプラス精神的なストレスも重なって余計にそういうことになることもあるらしいです。

入院中には数日の間ずっと点滴もしていたので、その影響もあるのかも、とも。

どっちにしても心配していたことが一つなくなってほっとしました。

 

やはり健康は大事ですね

日本ツアーに来ていたポール・マッカートニーさんが体調不良で全公演が中止になったそうですね。

日本のファンも、ご本人もすごく残念だったに違いありませんが、体調だけはなんとも・・・

健康というのはどれだけ身分が高かろうがお金持ちであろうが悪くなる時は悪くなるもの、貧乏で治療が受けられないとか日々のメンテナンスができないとか、そういう差はありますが、基本的にはみんな同じなんですね。

子供の頃、テレビでよく見る有名人が病気になったり亡くなったりしたらなんとなく不思議だなあと思ったことがあります。

テレビや本で見るような人間って、お話の中の人物のようにずっと生きてるもの、みたいな気がしていたからです。

実際はみなさん成功なさってても同じ人間なんだ、と年とってきてやっと分かった気がします(笑)

私もまだまだ生きるつもりなのでがんばって健康維持しないとなあ。

食いしん坊なクマとひよこの食べ物ライフ