肉団子のキャベツ蒸し

前はちょこちょこ作ってたメニューなんですが、しばらく作ってなかったので思い出して作ってみました。

まず肉団子を作ります。
今回はコストコで買った赤身のミンチを冷凍してあったのを使います。

ミンチって安いのを下手に買うと脂ばかりで加熱すると縮んでしまうんですが、コストコの赤身は赤身80パーセントだったかな、でなかなかにお買い得だと思います。
解凍したのをコストコテイストで大盛で売ってますが、小分けにして冷凍して使っても特に問題はありません。
中身はハンバーグとほぼ一緒です。

ミンチにタマネギのみじん切りを入れてハンバーグだったら塩コショウをするんですが、今回は風味にカボスの皮をすりおろしたのを入れたので、コショウは入れずに塩だけで味付けしました。
いつもはレモンの皮でやってますが今回は季節のものなのでカボスです。

卵とパン粉と牛乳を入れるのが一般的なレシピなんですが、パン粉の代わりに「おから粉」を入れてます。
荒いのはパン粉とかの代わり、細かいのは小麦の代わり(場合によってはグルテン粉を混ぜて)って感じですかね。

またおからのレシピもアップしていきたいと思ってますが、今日は肉団子の中身に入れるだけ。

よく混ぜたら肉団子の生地は完成です。

次はキャベツを切ります。

なんて言うのかな、みじん切りよりもっと大きく、ニンジンやダイコンの短冊切りぐらいの感じです。
切って洗ったらフライパンにぎっしり敷き詰め、その上にさっきの肉団子をスプーンで適当な大きさに置いていきます。

置き終わったらふたをして、湯気が出るまで強火で、その後は弱めの中火で肉団子に火が通るまで蒸し焼きにします。

写真が完成品。

日記にアップするので取っ手が取れる例のやつで作ろうと思ってたのに、うっかりして古い方のフライパンで作ってしまったので、ちょっと見栄えが悪いのはご勘弁です。

ポン酢をかけて各自取り分けながらどうぞ。

画像

続きを読む 肉団子のキャベツ蒸し

茹で鶏の余禄-具沢山スープ

昨日は「ゴママヨネーズ和え」にして、一昨日は「チキンサンド」した茹で鶏ですが、実はもう一品作れました。

茹でた鳥ムネ肉は2枚、1枚は薄くスライス、2枚は手で裂いてそれぞれ一品になってるのに、どうして?

実は、茹でたお湯も捨てずにスープにしました。
茹でたお鍋ごと冷蔵庫に入れておき、上に浮いた脂が固まったものを取り除くと、透明なきれいなスープができあがりです。

そこに、茹でた時に入ってたショウガを取り出して細切りにして戻し、さらに細切りにしたニンジン、タマネギと一緒にくつくつ煮て、仕上げに卵を流し入れたら写真のようになりました。

本当はもうちょっと卵を細かくしたかったんですが、少しお湯の温度が低いうちに入れてしまったのでちょっと固まり気味になったのは、まあご愛嬌。

鶏のダシが出てるのでそこに薄口醤油をちょっと入れるだけで十分おいしい。

具沢山過ぎるスープでほっこりとどうぞ。

画像

続きを読む 茹で鶏の余禄-具沢山スープ

茹で鶏もう一品

昨日は1枚を薄切りにしてサンドウィッチにしましたが、写真のようになりました。

「茹で鶏のゴママヨネーズ和え」です。

練りゴマとマヨネーズ、薄口醤油、隠し味程度にお砂糖を入れて手で裂いた鶏肉と和えるだけです。
マヨネーズに混ぜる物を変えていくつかパターンを変えては作りますが、昨日は練りゴマでした。
鶏ムネ肉ってあっさりした味だから色々と応用が利いていいですね。

サニーレタスの上に盛り、上からカボスを絞ってさらにあっさりいただきました。

他の味にした時もまたアップしたいと思いますが、きっと見た目はあまり変わりませんね。

画像

続きを読む 茹で鶏もう一品

茹で鶏でチキンサンド

昨日は鶏モモ肉で唐揚げを作ったんですが、一緒にムネ肉も調理しておきました。

作ったのは「茹で鶏」です。
ムネ肉を塩してしばらく置いて洗い流し、お鍋に入れ、ひたひたの水、薄切りのショウガ、酒で小さい火からくつくつ茹でていきます。

沸騰して、まだ中が生っぽいなと思うぐらいになったら火を止め、ふたをしてそのまま放置します。
余熱でじっくり中まで火が入るし、お湯につかってることでソフトに仕上がるのです。

2枚茹でたんですが、1枚を薄くスライスしておいて、朝食に使いました。

今日は「サニーレタスとチキンのサンドイッチ」です。

サンドイッチって本格的に作ろうと思ったらからしバターだのなんだの大変ですが、手を抜く時はマヨネーズだけちゃちゃっと塗ってはさめばそれでも十分ですよね。
今朝はそれ、マヨネーズを塗ってレタスを乗せて、鶏も乗せてはさんだだけ。
牛乳と一緒にいただきました。

1枚はこうなりましたが、もう1枚はまた明日にでも。

画像

続きを読む 茹で鶏でチキンサンド

唐揚げは神の食べ物

私は鶏肉が好きなんですが、その中でもまた唐揚げは別格、「一番好きな食べ物は?」と聞かれたら、間違いなく「鶏の唐揚げ」と答えます。

今夜はその一番大好きな唐揚げにしました。

うちの唐揚げはいくつかパターンがあるんですが、下味はショウガ汁、お醤油、酒、ハチミツかお砂糖(今日はハチミツでした)、ゴマ油が定番。
ここにおろしニンニクかニンニクパウダーを入れることもありますが、今日は入れませんでした。
理由は特にありませんが、なんとなくニンニクな気分じゃなかったから、かな。

ビニール袋に上記の調味料を入れてそこに一口大に切った鶏モモ肉を入れてビニールの上からもみこみます。
今日は朝のうちに下ごしらえをしておいて、夜に衣をまぶして揚げました。

今日の衣は卵と片栗粉です。

衣の割合で仕上がりが違うので、それでいくつかのパターンができるんです。
ビニールの口を開けて卵を割り入れ、衣の固さを見ながら片栗粉を追加していきます。

今日は気分でもうちょっとふわっとさせたかったので、少しだけ重曹も追加しました。

それをビニールの中で全部混ぜて、熱した油に入れてからっと上げます。
今日の仕上がりはふわっとフリッター風。

そこに私はからし、酢、お醤油、それからいただき物のカボスをしぼっていただきました。

ついつい食べ過ぎてしまうけど、唐揚げだけは別腹なので、今日だけはダイエットも何もかもお休みです。

画像

続きを読む 唐揚げは神の食べ物

食いしん坊なクマとひよこの食べ物ライフ