「疑問」カテゴリーアーカイブ

雀正月

今日、父親が、

「今年はスズメが米食べてないみたいやな」

と、言いました。

なんのことかと言いますと、玄関に飾った「しめ飾り」についてる「稲穂」のお米のことです。

言われてみれば確かに今年、というか大晦日になりますが、もみがらが玄関に落ちてなかった気がします。
30日にお飾りを玄関につけたら、翌朝は「チュンチュン」と玄関から声がして、内側からスズメの影が見えてすごくかわいらしかったのです。
私は今は実家で寝起きしてないので、大晦日の朝のその様子を何年も見てませんが、もみがらが落ちてるのはチェックしてました。

自分で勝手に決めた言葉ですが、そういう理由で大晦日を勝手に「雀正月」と呼んでました。
人間の元日より一日早くごちそうが食べられるから(笑)

「見た目だけちゃうの?空っぽになってるとか」

と言ったら父親が、

「いや、あの形は中身が入ってる形や」

そう言うので確かめてみたら、なるほど、確かにしっかり中にお米が残ってます。

どうしてなんでしょうね?
いつもは取り合うように雀達が競ってお米を食べにきてたのに。

いくつか理由を考えてみました。

・今年は餌が豊富だったので食べにくい場所のお米は必要なかった
・雀の数が減っている
・しめ飾りのお米には何か薬品がついていて食べに来たが食べられなかった
・食べに来たかったが怖い動物とかが近くにいて来られなかった
・よそにもっと食べやすくて大きいしめ飾りがあった

う~ん、どれもありそうななさそうな・・・
一番あってほしいのは「よそにもっとおいしいしめ飾りがあった」なんですが・・・

思い出してみたんですが、お飾りを吊る時にはそばまできて様子を見てるのがいました。
だから雀がゼロ羽だった、ということはなさそうです。
カラスか何かに睨まれて、寄りつけなかった、という可能性も?

理由は分かりませんが、なんにしてもちょっとだけさびしいなと思いました。
お飾りを飾っておくのも11日まで、それまでに来てくれないかなあ。

来歴不明のお雑煮

新年第一回目の「チコちゃんに叱られる」で「お雑煮って何?」という問題を取り上げてました。

「お雑煮が何」かは、これから録画とか見る方もいらっしゃるかも知れないし、ネタバレになってはいけないのでやめておきますね。

その問題の時に、全国のお雑煮について紹介をしていました。

「関東はすまし汁に四角いお餅」
「関西は白味噌仕立てに丸いお餅」

とかいうやつです。

「栃木のお雑煮」の時に「けんちん汁に四角いお餅」と紹介していて、

「クマ旦那さんちのお雑煮だ」

と、思いました。

まさにそれだったんです。
お餅がすごく大きくて「いくつ食べる?」と聞かれて「2つ」と答えて後悔しました(笑)
食べきれずにクマ旦那さんに食べてもらったなあ。
お母さんのお雑煮おいしかった、また食べたい。

クマ旦那さんの家のお雑煮は地域のお雑煮だったんですが、うちのお雑煮がおかしいんですよね、どこのかが分からない。

以前にも「出身地不明のお雑煮」というタイトルで日記を書き、他の日にも「うちのは水菜のお雑煮です」と書いてたりします。

我が家のお雑煮はすまし汁に水菜、かまぼこ、焼いた丸いお餅です。
関西に生まれて関西で育って今も関西に住んでいる私ですが、そういうわけで味噌仕立てのお雑煮を今でもまだ食べたことがありません。
「白味噌仕立て」というのが、なんだか私の好みに合わないような気がして、自分でも作ったことがありませんし、出先でいただいたこともありません。

どうして関西なのにすまし汁なのか?
母方の祖父が広島の出身だから広島?と思ったら違って、色々調べたら、

「関西の船場では2日に水菜の入ったおすましの雑煮を食べる」

というのを見つけました。

でもこれも変なんですよね。
だって、船場なんて関係ないですから。

今でもやっぱり分からないままです。
毎年、お正月になると「どうして?」と話題になります。

そしてもう一つ、父方のお雑煮がまた変わってて、

「おせちを炊いた汁に茹でたお餅をつけて食べる」

んです。

これが調べてもどこにもない。
もしかしたら、うちのいなかオリジナルなのかも知れないけど、今回また、それについて新しい事実が発覚しました。

「お正月、小正月、二十日正月の3回食べる」

ということです。

びっくりしました!
だって、普通のお汁ならまだしも、おせちを炊いた汁ですよ?
今だったらお正月のを冷凍もできるけど、昔はそんなことできない。

ということは、3回おせちを炊いてたの?
父親に聞いても「よく覚えてない」との頼りない返事でした(笑)

ただ、どうしておせちの汁を使うのかと聞くと、

「その方がたくさん食べられるから」

みたいな返事が返ってきたんですが、う~ん、どうなんだろう?

確かにうちの父親は小さい体でいなかの大きなお餅を15個も食べたとの記録保持者だったらしいけど、甘い煮汁でそんなに食べられるのかな?(笑)

父のいなかはお正月を3回やってたんですね、びっくり。
そしてやっぱり、お雑煮は来歴不明のままです。
どこかに「うちもおせちの煮汁でお雑煮です」って方、いらっしゃらないかなあ。

あ、ちなみに父親の記録は、その何年後かに私のいとこによって破られたらしいです(笑)

羽毛布団は洗濯できる?

今朝、ちょこちょこっと不要な郵便なんかを処分していました。

そうしたら、ご近所の布団屋さんからのハガキを発見。
そう言えば、お誕生月のご招待とか来てたんですが、必要ないと思って忘れてました。

一応開いてから捨てようと思ったら、

「羽毛布団の洗濯」

の文字が目に飛び込んできました。

え、羽毛布団って洗濯できるの?

だめなんだと思ってました。
綿の布団なら打ち直しとかできるけど、羽毛布団は使い切って終わり、みたいなイメージだった。

お誕生日のサービス価格で1枚3000円(税別)だそうです。
父親のとクマ旦那さんのと私の、3枚で9000円(税別)って、そう高くない気がする。

一度出してみようかなと思いながら、どのぐらいの価格が普通なのか調べてたら、今度は、

「家で羽毛布団を洗濯する方法」

え、羽毛布団って家で洗濯できるの?

そのものによるけど、どうやらできるようです。
ただ、うちの洗濯機では容量てきに無理みたい。
実家のはできないことないみたいだけど、古いからそういう機能があるかどうか。

さらに調べていくと、

「コインランドリーがいい」

コインランドリーだったら1枚1000円前後でできるらしい。
その後で乾燥機かけても布団屋さんに出すのの半額ぐらい。
ただし労力、そう私の労力がいります。

むむ、どうしよう・・・
羽毛布団って洗ったことがなかったけど、正直気になってました。
布団乾燥機かけるぐらいしかしてないけど、もう長年使ってるし、それだけでいいのか気になってた。

世間ではお布団って洗ってるんでしょうか?
そして敷布団は洗えるのか?
気になります、みなさんはどうなさっているんでしょう・・・

ご当地ウグイス?

うちのマンションの横には林があります。
その林にウグイスがいて、今の時期、朝から晩まで本当によく鳴いてます。
休日なんかはその声を聞きながらお風呂に入るのが本当に楽しみ。
このことは今までにも何回も日記に書いてます。
今年も「うぐいすの湯」というタイトルですでに書きました。

ウグイスの鳴き声ってやっぱり「ホーホケキョ」ですよね。
後は「ケキョケキョケキョケキョ」と「ウグイスの谷渡り」も知られてます。

うちのウグイス、なんかちょっと鳴き方が違う・・・
私がいつも聞いてるのはこんな感じです。

「ほ~こっちやで」
「ほ~こけたん」

なんか、どっちも関西弁(笑)

毎年毎年この鳴き方なので、同じウグイス?
それともこの鳴き方を昔の人はお経になぞらえて「ほーほけきょ」と言ったの?

ちょっと気になってネットでウグイスの鳴き声を調べてみました。
そうしたら、こんな鳴き方をしてるのがいました。

「ほ~ここでしょ」

え、標準語?(笑)

そのネットのウグイスがどこのウグイスかは分かりません。
でも、明らかにうちのウグイスとはイントネーションが違う(笑)

「こっちやで」と「ここでしょ」、意味は同じなのに発音が違う。
これって個体差なのか、それとも地域差なのか、それとももっと違う理由か?

それにしても、うちのウグイスが関西弁なのは、とっても理解できます。
だって関西だから(笑)

東北には東北なまり、九州には九州なまりのウグイスがいてほしいなあ。
他の地域のウグイス、本当にどうなのか知りたいです。

給食問題

このところ話題になっている、某所の給食の食べ残しと異物混入問題、ちょっとびっくりします。

私は子供の頃に非常な偏食で、給食にはとても苦しみました。
小学校1年、2年の頃はほぼ毎日食べられなくて残されてました。
当時は全部食べないとだめだったんですよね。

3年の頃には残されてた記憶がないので、段々と食べられるようになっていったのかも知れません。
好き嫌いは相変わらず多かったですが、この頃に意識が変わって「食べられないと損」みたいになってたのは記憶にあります(笑)

最初にこのニュースを聞いた時に思ったのは、

「そんなに食べ残しが多いのか、なんでだろう?今の子は偏食が増えてるのか、それともわがままなのか」

でした。

口にあわないから普通に残してるのかな、と思ったんです。
それが、話が進むに連れてちょっと変わってきた。

「何それ、そんなに異物混入があったら、好き嫌いじゃなくても食べられんわ」

髪に虫にプラスチック、一度全部底から確かめられないと食べられないような給食、そりゃ食べたくないですよね。
おまけに「衛生管理」だとかで冷たいままの物を提供され、油なんかが固まったままって、子供がかわいそうです。

私は偏食で食べられなかったけど、それでも「何かが入ってた」という話はほとんどなかったように記憶してます。
うちの給食は学校内の給食室で作ってくれてたので、温かい物が提供されてましたから、冬なんかは汁物が温かかったですし。

私が子供の頃は、今みたいに衛生衛生言ってませんでした。
何かのイベントがあると、お母さん方が集まって、素手で握ったおにぎりとかを普通に提供されてましたが、それでも食中毒なんてあったことなかったなあ。

今と何が違うんでしょう?
当時よりもっときびしくエプロンやら帽子やらマスクやらやって、手も手袋だの消毒だのしてるのに、なんでそんなに異物が入るの?
そんなに冷たくしてないとそこまですぐに食中毒の菌が繁殖するの?

何がどうなってるのか分かりませんが、食って必要なこと、楽しいことのはず。
子ども達が楽しく完食できる給食を提供してもらえるようにと思います。
給食の時間が苦痛だと、それだけで学校に行くのが嫌になります。
私の場合は自分の勝手で苦痛だったけど、こんなことで苦痛になったら子ども達がかわいそうですから。