「住」カテゴリーアーカイブ

その後いかが?

一昨年の秋から半年ほどかけてマンションの大規模修繕工事が行われました。

きれいになってからもう時間が経つものですっかりそんなことも忘れていたら、写真のようなものが配布され、そう言えば工事もあったなあと想い出すことに。

20150205a2

「アフター調査シート」

大規模修繕の後、不具合が出てないかの調査のアンケートです。
一面には写真のように絵があり、不具合がある箇所をチェックするようになっていて、もう片面には文字で不具合のあるなしをチェックするようになっています。

丁寧だなあ。
実家も震災で壊れた時も含めて何回も修繕工事をしてますが、さすがにこういうことはなかったです。
もっとも頼んだところが近所のホームセンターさん、大工さん、水道工事屋さんでよく知ってる方達なので、何かあったらまたすぐ言うことはできましたが。

一戸建てとマンション、どちらにも良いところとそうじゃないところがありますが、こういう時は本当にマンションって行き届いてるなあと思います。

ラブ・ミー・テンダーが鳴る頃

今日、実家で父親がファンヒーターを出しました。
一気に寒くなりましたものね、このところ。

20141202b

写真のピンクっぽいファンヒーターですが、実はこれ、私が実家にいた頃に部屋で使っていたものです。
なのでこんな色をしています。

早速灯油を買ってきて入れてスイッチオンしたら、一気に部屋が暖まりました。
やっぱり灯油は勝負早いですね。

このファンヒーター、ダイニングに置いてあります。
以前は上でお湯が沸かせるタイプの灯油ストーブを置いてあったんですが、今は安全のためにお湯が沸かせるようなのはないんだそうです。
その次にお湯が沸かせないタイプの灯油ストーブを置いてあったんですが、それが壊れた後、私が使わなくなったこれを引っ張り出してきて、そのまま父親が使っているというわけです。

この方がストーブより安心でいいんですが、1つだけ心配なことがあります。

あの阪神淡路大震災の時、まだお湯が沸かせるタイプのストーブだったもので、停電の時に随分と重宝したそうです。
「したそうです」と言うのは、私はその日にはおばさんの付き添いで病院にいたもので知らなかったからです。
暖房が使えるだけではなく、調理にも使えるので、地震からしばらくして、ひびが入っていたらしいガス管が遅れて折れた時にも助かったものです。

今のファンヒーターだと電気も必要なので、もしも停電という事態になった時、暖房は使えなくなります。
その点だけはちょっと心配ですね。

それと、3時間置きに延長ボタンを押さないと切れるようになっているので、何かをしている時にいきなり「ラブ・ミー・テンダー」が鳴ってびくっとします(笑)

今日も早速聞いてびくっとすると同時に、もうこの音楽が流れる季節なんだなあと冬を実感していました。

三泊四日の模様替え(笑)

先日、14日に和室にある鏡台の置き場所を変えて「一つだけの模様替え」をしたと日記に書きました。

今日、それを元に戻しました(笑)
早い、たった三泊四日で元通りに(笑)

なぜそうなったかと言いますと、まずクマ旦那さんんい不評でした。

「前の方がいいんじゃない?」

そうは言ってましたが、まあしばらくこれでもいいよという感じだったんですが、私の方にそのままではいられない事情ができたのです。

鏡台の置き場所を変えたことからお布団の敷き方も変わり、寝る場所も変わりました。
と、私の寝てる場所からはテレビが見にくくなったんです(笑)

どう見にくいかと言いますと、テレビと私の間にクマ旦那さんが入り、横に寝たりお布団がちょっと盛り上がるとテレビが見えないのです(笑)

そのたびに手を下ろさせたりお布団を押さえたりしてたんですがもう限界です。
ということで、今日は一日家にいるしと元に戻しました。

全く元通りなので余計な仕事をしただけという気もしますし、鏡台をどけて掃除機をかけたのでその分きれいになった気もします。
うん、きれいになったんですよね、そう思っておきます(笑)

一つだけ模様替え

部屋が片付きません!

大きな声で自慢して言うことではありませんが、物が多い上に体調崩したりするとそのへんに物を積むものですぐぐちゃぐちゃん・・・

「しんどいのにあまり無理しないこと、家なんか汚くても死なないんだから」

と、クマ旦那さんに叱られるのであまり無理はできません(笑)

なんですが、先日から気になって気になって一度動かしたいなと思う家具があります。

「鏡台」

これは、母の伯母、つまり大叔母が使っていたものを妹が形見にもらい、それを結婚する時に置いていったものを私がもらい、それを実家から持ってきて使っているものです。
かなり古い、何十年前の?と言うぐらい古いものですが、なんとか使っています(笑)

寝る時に和室で寝るんですが、そこに唯一置いてあるのがこの鏡台なんです。

押入れの並びの壁に一つだけ置いてあるんですが、それを押入れじゃない方の壁に置いてお布団を敷く角度を変えたいと少し前から思っていました。

「鏡台一つだけだし」

と、今日決行(笑)

和室に掃除機をかけ、畳を傷つけないように滑らしながら鏡台を移動、思ったような場所に置けました。

置けたんだけど、う~ん、どうかなあ(笑)
とりあえず何日かやってみて、だめだったらまた戻します。

色々と直したいところはあるんです。

え、その前に物を減らしなさいって?
ごもっともです(笑)

マンションの良いところ悪いところ

私が今住んでいるのはマンションです。
実家は店舗付住宅だったので随分と環境が変わってしまったんですが、やはりどちらにも良いところと悪いところがあります。

今日は半年に一度の排水口の高圧洗浄の日でした。
マンション全体のメンテナンスのためにこういうのが時々あります。
太い管も各家の細い管もどこも詰まると困るのでこういうことがメンテナンスのメニューに入っています。

実は実家の排水口が何回か詰まって困ったことになったことがありました。
一度は配水管を一部切り取って交換してもらったんですが、その後もまた少し詰まって掃除してもらい、そのたびに流しの下を掃除したり色々と大変。
マンションはそうならないようにメンテナンスするようになっているんですねえ。

そして今日の夕方、実家の父親にご飯を届けようと部屋を出たら、ちょうどお隣の方が部屋に戻ってくるところでした。
こちらはごく最近引越して来られて、その時に挨拶はしたんですが、それから顔を合わせることがありませんでした。

「お隣なのになかなか顔を合わせる機会もなくて」

と、言ってくださったんですが、本当にマンションはこういう部分ありますね。

人付き合いが苦手な方はいいと思いますが、実家などは店をやっていてお客さんも来るし、ご近所の方ともお付き合いがあったので少しさびしくも感じます。
実家の配水管工事をしてくださったのもご近所の方でした。

そうしてご近所の方と顔を合わせる機会が多いので、父親が一人でも少し安心な部分がありますが、もしも住んでいるのが逆の環境だったら、いつ何があっても分からない分だけ不安が大きかったかも知れませんね。

やはりどちらにも良いところと悪いところがあるみたいです。
そして明日は火災報知機の検査です。
面倒だけどやっぱりありがたい行事です。