「住」カテゴリーアーカイブ

マンションに雨戸なし?

いよいよ台風19号が近づいてきたようで、かなり離れてる当地でも朝からそこそこ雨と風が強くなってきました。
まだまだ台風という雰囲気ではありませんが。

うちのマンションはしっかりしてるので、家から出さえしなければまず大丈夫だと思ってます。
実家はあの震災も経験してるし、もう古いので心配ですが、雨戸は閉めて飛んで困るようなものはないようにしてきたつもりなので、あれで飛ぶようなら、それはもうどうしようもない、それこそ想像を超えた台風と思うしかない。

父親がこっちに来てくれればいいんですが、なかなか頑固で来てくれません。
なので、今日は台風が来たら私は行けないかも知れないから、と食べるものだけはなんとかしてきました。
もしも今日一日行けなくても、食べてはいけるでしょう。

それでこういう時になるといつも思うことが一つだけあります。

「どうしてうちのマンションには雨戸がないんだろう」

ずっと気にはなってたんですが、聞いてみたら他のマンション住みの方もないと言ってたりします。

「マンションに雨戸つけたら汚くなるからちゃうか」

と父親が言ってますが、本当?

私は2歳ぐらいから15歳まで団地に住んでたんですが、そう言えばあそこにも雨戸がなかった。
テレビやマンガとかで雨戸を閉めてるのとかを見て、なんとなくいいなあと思ったことがあります。
なので実家に雨戸があった時はうれしかった(笑)

ただ、その雨戸がもう古いのと、震災で家が微妙に変形してるので開け閉めが非常にしにくいんです。
特に妹の部屋の道路沿いの方の窓、ここの雨戸をきっちり開けてしまったら、次に閉める時にもう大変、大仕事。
なので少しだけ締め切らずに引っ張り出しやすいようにしてあります。

そして二階は毎日使ってはいないので、この台風の季節は一度閉めたらそのままにしてあることも多いです。
今回もそれで開け閉めの仕事は減りました。
台風の季節が終わったら開けて、空気を入れ替えたい。

こうして色々考えてても思うのは一つだけです。
どうぞ少しでも影響が少なくありますように、被害が少なくありますように。
どうぞ少しでもそれてください。
皆様どうぞご無事で。

棚作りを考える

土曜日に「まだ痛い」と言ってた足ですが、まだ痛いです(笑)
でもちょっとまし、かなあ。

多分、全く使わず動かずだと早く治ると思うんですが、そういうわけにもいきません。
昨日は日曜日、できるだけやることが少なくなるように、洗濯も前夜終わらせ、お風呂も前夜出る時に洗い、ご飯も手抜きで動かないようにはしてました。

おかげでちょっとましにはなってますが、動かないというわけにはいかず、まし、なレベルです。

昨日は何をしてたかと言いますと、お布団に寝転んでテレビを見るか本を読むかタブレットを見るか、そして壁を見つけて考えるか、でした。

和室、寝室の壁に今年の2月、神棚を作りました。
とりあえず置きの棚の上に置いてたんですがちゃんとしたいなと思って作ったんです。

「ラブリコ」という突っ張り器具を使い、「ツーバイフォー」の柱を2本。
そこに棚板を2つ取り付けて上段には「佐野厄よけ大師」(厳密には神様じゃありませんが)を、下段には母親やご先祖にご挨拶する用のお茶やお水を置き、お寺さんでいただいたお経の本も置きました。

特に信心深いとか、何か宗教やってるとかじゃないんですが、ほっとしました。
今まではキッチンの開いたスペースに置いてたもので。
お仏壇の代わりですね。

和室の北西の角のあたり、足元に鏡台置いて下を通らないようにして南向きに神棚。
寝る時は壁の方に足を向けるので、神棚側に寝るようにならないようにしました。

和室の残りの壁に棚を作りたいなあと思って、やっぱり「ラブリコ」と「ツーバイフォー」材を買って準備してるんですが、時間がないのと足を痛めたのとで途中になってます。
今は、とりあえず柱を立てて、目に邪魔にならないか、どのぐらいの幅、長さの棚板を付けるか、を考えているところです。

和室の東側には押入れがあるので、そっちいっぱいまでには作れない。
ものの出し入れの邪魔になりますからね。

「上段には軽いぬいぐるみとか置いて、真ん中はああして、下はこう・・・」

お布団に座ったまま考えて、メジャー持って手が届く範囲で測ってまた考えて。
結構長くそういうことしてました。

足が治ったらいよいよ棚板を設置しようと思ってます。
もう目をつけてる板もあるのです。
ご近所のホームセンターを廻って見つけてあるのです。
神棚は桐にしましたが、もうちょっと強度のある合板で、お値段もそこそこのを。

何をするにもやっぱり健康一番。
それから経済力とやる気、ですかね(笑)

警報機の検査

昨日は排水口の高圧洗浄でしたが、今日は火災警報機の検査の日でした。
毎年9月は2日連続で家で待機です。

時間はほんとうに短い時間、各部屋の天井についてる警報機に何か金属のカップみたいなものを当てて隠すと、

「火事です!火事です!火災が発生しました!」

と声がして、ぷわ~ぷあ~と警告音が鳴ります。

確かこの警報機って煙に反応するんだと思うから、何か煙っぽいものを当てて確認してるんでしょう。

全部の部屋を廻ったら、最後はインターフォンと一緒になった警報ボタンを押して鳴るかどうか、つながるかどうかを確認して終わり。
時間にしたら5分ぐらいじゃないかな。

全部終わったら確認の判子を押すかサインして終了。
ありがとうございました。
今回も無事終わりました。

と、たった数分の出来事なんですが、家の仲間で他人が入ってくる、しかもどこか一つじゃなく全部見られる、というのが結構緊張します。
きれいにして、片付いてて、いつ人が来られてもいいお部屋ならいいんでしょうが、うちは違うからなあ(笑)

毎回毎回、

「次回までには誰が来ても恥ずかしくない部屋にするぞ!」

と、意気込んでるのですが、なかなか実現できません。

まだ排水口の高圧洗浄は水廻りだけなので、見られたくない部屋はふすまやドアを閉めておけばいいのでそれほどじゃありません。
でも部屋はなあ、うん、恥ずかしい(笑)

よし、今回も言うだけに終わるかも知れませんが、次回は、次回こそはがんばります!
多分(笑)

排水口の高圧洗浄

年に一度、排水口の高圧洗浄がやってきます。
マンションで決まってるで、個人で頼んでとかではありません。

今日は「10時半~11時半」の間に来るとなってました。
早めに来るかなと思ったら11時過ぎぐらい、予告の真ん中ぐらいの時間になりました。
無事に終わってほっとしてます。

実家の流しの排水口が何度も洪水を起こしてます。
排水管の角度がゆるいとかで、滝みたいに急に落ちる場所の手前(分かりにくい説明だなあ)に汚水がたまりやすく、それで逆流してしまうようです。

少しその部分を切って角度を直してもらったりしてるんですが、それでも数年に一度逆流して、今年も5月に見てもらい、詰まった部分の排水管を取り替えてもらいました。
家を建てる時にそうなってしまってるので、それしか仕方がないらしいです。

こういう高圧洗浄を年に一度とか頼んだら、それもなくなるのかも知れないなあ。
パイプ洗浄剤を流したりもしてるんですが、実家にいったらいる時間にやることやって帰るという感じなので、それも忘れがちです。

マンションは一軒が詰まると全体が困りますから、こうして定期的にやってもらえるのはとってもいいですよね。
個人だとつい・・・になってしまいがちだし。

個人宅でもやってもらえるのかなあ。
一度調べてみようか。
でも、あまりに高かったら、詰まった時に直してもらえばいいや、となる可能性もあります(笑)

補修工事終了

「木曜日までなのか金曜日までなのか?」

そう悩んでた機械式駐車場の補修工事が完全に終わりました。

昨日の金曜日は朝から用事で出かけ、その後いつものように実家に行って仕事や用事を終わらせて帰ったのは夕方だったんですが、ポストに「終了しました」のお知らせが入ってました。

臨時駐車場になっていた場所に貼っていたテープもなくなってます。
うちが最後の工事エリアだったんですね。

これからいつもの場所に戻すことになりますが、機械式駐車場を操作せずに停められるのはちょっと楽で、終わったのがもったいないような、機械で守ってもらうエリアに戻れてうれしいような、複雑な気持ちです(笑)

そうそう、駐車場のパレットを吊るしているチェーンとかの交換だったんですが、もしかしたら操作盤もきれいにしてたのかな?

なぜかと言いますと、タッチパネルの使っている番号のところだけがすり減ったようになり、角度によっては見えにくかったのがよく見えるようになってるような気がします。
夕方とか斜めからのおひさまで光ってよく見えなくなってるぐらいでしたから。

何にしろ、作業お疲れ様でした。
おかげで安心して駐車場が使えます。