ひよこ奥さん のすべての投稿

夏の味、牛肉のマリネ

父親が退院してきてほっとしたものの、困ることもあります。

「ご飯、何作ろう」

これです(笑)

高熱を出して入院してたこと、抗生剤の影響があること、その他もろもろでいつもより食べるものについてうるさい。
まあ体調で食べられないのは仕方がないので、できるだけ食べられそうなものを考えてはいます。

何が食べたいかとか聞いていって、

「シチュー」

になりました。

「シチュー」と言ってもクリームとかビーフじゃなく、我が家の「シチュー」、和風で醤油味のシチューです。
牛肉、タマネギ、ニンジン、ジャガイモ、と場合によってキャベツなんかも入りますが、それを和風の出汁、ちゃんと出してもいいし「ほんだし」とかでもいいですが、それベースに醤油と塩、コショウで味を整えます。

そのシチューと目玉焼きぐらいでいい、と。
それはそれでいいんですが、それだったらこっちが物足りない。
それで写真のようなものを作ってみました。

「牛肉のマリネ」です。
一応私のオリジナルかな。

作り方はとても簡単です。
スライスしたタマネギ、ニンジン、ピーマンを生のまま容器に入れ、そこに炒めた牛肉を乗せ、牛肉を炒めたフライパンに米酢を入れて煮立てて旨味を溶かし、それをそのまま野菜と牛肉を入れた上からかける、だけです。
味は塩、コショウで整えます。
好みでローリエ、タカノツメを入れたりもします。

たったそれだけなんですが、ものすごくおいしいです。
野菜をスライスするのはめんどくさいけど、ぎゅうぎゅうに容器に野菜と肉を詰め込んでお酢をかけたらしんなりした完成です。
常備菜にもなるので、作っておいたら他のおかずと合わせて一品になります。

父親も目玉焼きと一緒に少しだけマリネを食べてました。
食欲のない時にもおすすめの一品だと思います。

ピコーンピコーン

今朝、テレビをつけて聞き流しながら用事をしていたら、

「ピコーンピコーン」

と、今までテレビから聞こえてきたことがない音がしました。

何事かとびっくりして画面を見たら、いわゆる「L字型」に周囲にスペースができて、そこに、

「徳島県 竜巻」

の文字が。

今までも竜巻注意報とかは出てたけど、それに音がついたんですね、びっくりしたー
初めて「緊急地震速報」がを見た時と同じぐらいびっくりしました。
この時期なのでもしかしたらコロナでえらいことになった音かと思ったんです。

竜巻も大変なことですが、何回も見て慣れてる注意報と聞いたことない音だと、やっぱり初めて耳に入ってきた音にドキリとする方が大きかった。

今日で今年も半分終わりですね。
今年は本当に大変な年でした。
一番大きいのはやはりコロナ、世界中が大変なことになってますから。
それプラス、うちは父親が体調を崩して入院したのも大変でした。
今は無事に戻って普通の生活に戻りつつありますが。

今年後半はおだやかでありますように。
ピコーンピコーンもあまりありませんように。

パンチ穴のある免許証

私の誕生日は6月6日です。
そして今年は免許の更新の年なので7月6日までに免許の更新に行かなくてはいけません。

ご存知の通り、今年は免許更新センターがしばらく休んでいたもので、その期間に来るはずだった方も一緒で随分と混んでいたと知人が言ってました。
その覚悟で行ったんですが、少し早めに行ったのと、タイミングがよかったのかいつもとそう変わらないぐらいの時間で終わりました。
よかった~

その代わり、駐車場がいっぱいで停められず、私営の有料の駐車場に停めるしかありませんでしたが。

そういう感じで、駐車場以外は普通の更新だったんですが、今回はちょっと違う。

これは地域によって違うらしいのですが、更新した後兵庫県は古い免許証を返してくれません。
よそはパンチ穴を開けて返してくれるところもあるらしいんですが。

それが、言ったら返してもらえるらしいと聞いたので、一度返してもらおうと思い付きました。

最初の受付で、

「古い免許証を返してほしいんですが」

と言ったら、

「最後の受け取る時に言ってください」

と言われました。

それで最後の講習が終わった後、新しい免許証を渡してくれる人に言ってみたら、

「下の8番の窓口で言ってください」

とのことでした。

更新が終わった人が出る出口から出ず、元の受付の方に戻り、写真撮影の隣にある普段は新しい免許証を受け取る窓口に行ったら、すでに連絡があったのか「○○さんですね」と名前を呼ばれ、目の前でパンチ穴を開けて返してくれました。

今回はコロナの影響なのか講習の教室で新しい免許証を発行してくれたので、ちょっと心配だったんです。
「もう遅いです」とか言われるのかなと(笑)
それが、ちゃんと連絡してくれたので少し感激しました。

穴が空いた免許証、どうするというわけではないんですが、ずっと「返してくれたらいいのにな」と思っていて、本当に返してもらえるかどうかやってみたかった、それだけです(笑)

四十肩五十肩

先週の今日、なぜかいきなり左手の二の腕?振り袖になるあの部分ですね、そこがすごく痛くなりました。

朝起きた時、

「あれ、筋でも違ったかな、湿布貼っておくか」

と、軽い気持ちで湿布貼って一日活動したんですが、夜になってすごく痛くなってきました。

夜、クマ旦那さんの腰に「ロキソニン」の塗り薬を塗ってあげた時、ついでに自分にも塗ってみたんですが、それが悪かったか?と思うぐらい、夜中に急に痛くなってきた。

寝てても腕の置き場所で痛い。
まっすぐとか曲げるじゃなく、微妙な位置に置かないと痛い。
痛くて左手で支えて起きられない。

お昼に貼ってた湿布を貼ろうかと思ったんですが、ロキソニンと阻害しても嫌だと思って我慢して、テーピングで微妙な位置に固定して保冷剤で冷やしてみました。

それが良かったのか悪かったのかは分かりません。
朝起きた時、夜中よりはましかなと思いましたが、まだまだ痛かったからです。

午前中、眠いわけではなかったんですが、もう何もせずに寝てました。
腕を休ませたかったからです。
前夜のうちに洗濯も干してしまっててよかった。

お昼から父親のお見舞いに病院をのぞきに行ったんですが、車を運転するのはまあ大丈夫だったんですが、Uターンとかサイドブレーキ引くとか、ギアチェンジする時とかにものすごく痛かったです。
それでも安全運転でちゃんと運転はできましたが、上に書いた作業する時はちょっと覚悟して動いたって感じです。

その夜、ひんやりする湿布を貼って、惜しまず貼って、冷えた感じがなくなったと思ったら貼り替えてたら、貼り替えるたびに治っていったような感じがしました。
今もまだ古傷っぽい痛み、とまではいきませんが違和感があります。

なんだったんだろうと言ってたら、

「五十肩じゃない?」
「四十肩じゃない?」

と、経験者からの声が。

これ、どっちが本当なんでしょう?
四十か五十か、すごく大きい問題だと思うんですが(笑)

調べてみたら、

「肩関節周囲の痛み」

で、正式名称は、

「肩関節周囲炎」

というらしいです。

主に40代、50代の人がなることからそう呼ばれてるのでどっちでもいいらしい。
どっちでもいいの?だったら四十肩の方が若い感じがしていいかも(笑)

「ぶりかえすようだったらそうだと思う」

と教えてもらったんですが、今のところ全快してないもののひどくなってる感じはないし、何より肩より腕なんですよね。

「周囲」だから腕も可能性あるらしいですが、どうなんだろうなあ。

今日で一週間、ましになってるから四十肩でも五十肩でもなければいいなと思ってますが、まだまだ様子を見てみます。

色々なものが壊れてます

結婚して13年になります。

そう、色々壊れるようになってきました。
怖いなあ(笑)

一番怖いのは給湯器でした。
これが壊れたら数十万円です。
そう思ってたら、なぜかお風呂場の壁も壊れた、というかちょっと変になりました。
もしも全面的に直すとなったらもうリフォームです。
なんとか手直しで済んでほしいと思ってます。

先日は、これは私の過失なんですが、転んで障子を破りました。
こちらはもうずっと貼り替えないとと思っていたもので、そろそろやりなさいと言うことかも知れません。
貼り替えずにいてよかった、と強がってます(笑)

そうこうしてたら体重計が壊れました。

「壊れた」というのが正確かどうか分かりません、電池を一度出して同じのを入れ直したら一時的にはまた表示が出るようになったんですが、なんだか不安定な感じです。

それに、体脂肪を測るためのなんて言うんでしょうね、持ち手みたいなのをつないでるコードがボロボロになってきました。
クルクルと巻いてあるその外側のカバーが劣化してボロボロ落ちるようになり、中の線がクシャクシャになってます。
そのせいかもなあ。

この体重計は結婚する時、単身赴任だったクマ旦那さんのお父さんが持っていたものを「2つもいらないから」とお下がりをもらって使ってたものです。
単身赴任のお下がり、いくつかあります。
それがみんな古くなってきたのでそろそろ壊れ時かも。

それだけの年数が経ってるんですねえ、結婚してから。
いるものは買い替え、あまり必要ないものは処分してすっきり生活をめざしましょう、この際だから。