「その他」カテゴリーアーカイブ

久々湯船2

「今日、湯船に浸かる?」

と、昨日、クマ旦那さんが聞いてきました。

「そのつもりやけど?」
「だったらうちも浸かろうかな」

あら、珍しい、冬でもシャワーでいいって人、いやクマが。

「ちょっと風邪っぽい、寒いみたい、雨に当たったからかなあ、湯船浸かって温まるよ」

そういう事情でしたか。

風邪っぽいと言っても元気なんですが、そいうことを言い出すのは本当に冷えを感じてるんですね。

「うんうん、ええこと、ゆっくり浸かり」

出てきたら、

「浸かったら暑いよー暑い暑い」

そう言って扇風機に当たってました(笑)

それでも、芯まで温まるのはとってもいいことだと思います。

これから寒くなるのでめんどくさがらず、クマ旦那さんも湯船に浸かってほしいと思っていたので、いい機会になりました。

右か?左か?

8月の最終日の夜、まさに平成最後の夏の最後の最後、もうすぐ日付が変わるという直前に転び、右手親指の付け根を剥離骨折しました。

先週の金曜日、病院に行ったら先生が、

「夜寝る時は固定外していいですよ、来週からはサポーターにしましょう」

というところまで治ってきました。

まだ、正直痛い時があります。
先生が「長いなあ」って言ったけど、どうしても動く場所だから仕方ないのかな?

「ギプスはつらいでしょう」

と取り外せる固定を作ってくれたんですが、ギプスの方が早かったのかなあ。

なんにしても、もう初期の頃の飛び上がるような痛みはないし、腫れも一番の患部である親指付け根から第一関節の間だけ、ぐらいになってきてるので治ってはきてます。
その腫れが結構しんどいんですが、先生が「段々と治る」と言ってくれてるので信用しましょう。

ただ、ちょっと困ったことが・・・

この5週間、右手の残り4本の指はもちろん使ってたんですが、かなりのことを左手で代替してたら、

「これ、どうやって動いてたっけ?」

ってなことが出てきました(笑)

例えば、歯磨きしようとして歯ブラシを持って、どっちの手でやるんだったっけ?てな感じです。

何かを持つのに今までは無意識に利き手の右手が出てたんですね。
それを意識的に左手にしてたら、ちょこちょこと「どうやって持ってた?」みたいなことが出てきました。
自然に左手が出ることも増えました。

「すぐに戻るよ」

ってクマ旦那さんは言ってくれるんですが、そうじゃないんです。

「せっかく左手使うようになったのにもったいない」

そんな気分です。

これからやることの半分とは言えないけど、もうちょっと左手を使う頻度を上げたいと思ってるぐらい。
そうしたら、生活がもっと楽になるのか楽しくなるのか分かりませんが、今までとちょっと違うようになる気がします。
理想は左右両方とも同じように、ですが、今でも左手でお箸はほとんど使えません。
字も書いてないから書けない。

それでも、左手使ってて筋肉ついたら、もうちょっと色々できるようにならないかな?
治ってもがんばって左手使っていこう。
どっち使うか悩むことが増えるかも知れませんが(笑)

911

昨夜寝る時、

「あ、明日は9月11日、何かあった気がするけど思い出せない、何だったかなあ・・・」

そう思いながら寝ました。

朝、ニュースで思い出した。

「そうか、あのテロの日か・・・」

ひどい事件でした。
そして今でも続いてます、色々な意味で。

あの日、部屋でメッセンジャーで友人H氏と話をしていました。
そうしたらH氏が「飛行機がビルにぶつかった」と。

最初は単なる事故、「単なる」と言っては申し訳ないが事故だと思ってました。
怖いねえ、どうしたのかな、と話してたけどなんだかどんどん話がおかしくなってきた。

部屋にテレビがなかったのでネットで何か見たりしたけどよく分からない。
そのうち下の部屋から母親が「アメリカですごいことになっとう」と声がかかったので、H氏に「テレビのある部屋に行く」と言って会話を切り、階下へ。

信じられませんでした。
その後のことは説明する必要もないでしょう。
みるみるビルが2つ崩れ落ち、数えきれないほどの人が犠牲に

そんな日だったのにすっかり忘れてました。
全然思い出さなかった。

忘れちゃいけませんね、覚えてないといけません。
自分に、今のところ直接関係ないからって忘れてはいけない、あれは。
もう忘れません。

折り紙の川下り

また大きな台風が来てましたが、みなさんは大丈夫でしたでしょうか?
幸いにも、当地はちょうど上ぐらいを通られたせいか、思ったよりずっと影響は少なかったようです。

今日はクマ旦那さんもお仕事がお休み。
昨日の夜もいつもより早く帰ってきてました。

おかげで朝はちょっとゆっくり寝られました。
台風のおかげ?(笑)

洗濯とかを済ませて10時前ぐらいに実家へ。

「すごい台風が来るみたいよ、店閉めてうちに来たら?マンションの方がまだ丈夫やと思うよ」

と父親に言ったけど、頑として頭を縦に振らない。

むー、もう、年寄りの頑固には困ったものです。

「じゃあお昼からはもうお店閉めておきよ、シャッター閉めておきよ」

と言って、私も台風がひどくなる前に差し入れのお弁当を置いてから帰りました。

台風が吹き出してから電話をしたら、

「もう閉めとう、昼寝でもするわー」

と言うので、いいことだとほめておきました(笑)

台風でも半分シャッター開けてたりして、絶対休まないけどさすがに私も帰ったりしたかな?

夕方、台風が行ってしまったら、

「大したことなかったがな」

と言いつつも、父親にもちょっとお休みができて結果的にはよかったです。

さて、話題は変わりますが、昨日の朝、父親を病院に連れて行った時に待合室で見かけたものがあまりにかわいらしかったのでその写真を。

折り紙で作られた「川下り」?らしいんですが、これ、全部三角に折った折り紙を組み合わせただけのものなんです。

思わず近寄って手に取って、写真を撮ったりしてたら待合室にいた方も、

「これ、折り紙だけ?かわいいですね」

とおっしゃって、そうですね~と話をしていました。

かわいい♪
これだったら私にもできますね。
アイデアだなあと思いました。

こういうのが一つ、ぽしょんと置いてあるだけで、待合室の空気も和みますね。

甲子園の空に笑え!

私は運動が苦手で、大部分の運動にはあまり興味がありません。

なぜかサッカーだけは別ですが、それ以外のスポーツで何か大きな大会とかがあってもそれほど見る気もしない。
オリンピックとかも特にがんばって見ようというタイプではないんですが、話題になってくるとついつい見てしまうことはあります。
今年の冬のオリンピックでも、やっぱり羽生くんが気になってフィギュアとかは見ましたしね。

そういうわけで、甲子園も地元兵庫県に住まいしながら、

「ああ、やってるんだな」

と、テレビ欄とか見て思うぐらいです。

そもそも甲子園にもライブとかしか見に行ったことがない(笑)

そんな私でも、今日、これから(日記書いてるのはお昼過ぎです)ある決勝戦、今話題の金足農業と大阪桐蔭の試合にはちょっと興味があります。
昨日は朝、父親と病院行って待合室で待ってる間、テレビでかかってたので金足戦見てましたし、午後は昼食の後父親が見てたので一緒に聞いてました。

やっぱり気になりますよね、金足。
決勝まで勝ち進んだら予算が足りないとか、農業と部活を両立するとか(笑)

「甲子園の空に笑え!を思い出すなあ」

そう思ってしまって、余計気になってます。

「甲子園の空に笑え!」とは、昔「花とゆめ」に掲載された「川原泉」さんの漫画です。
漫画の舞台は九州ですが、農業が主な産業という田舎の小さな高校「豆の木高校」の野球部が甲子園に行ってしまい、決勝戦まで勝ち進んでしまうというお話です。
すごく面白かった。

野球をできるぎりぎり9人しかメンバーがいない、しかもそのうち4人は四つ子(笑)という野球部には顧問がいません。
大部分の教師が高齢で、監督とかお願いできない。
そこに新任の若い女の先生が入ってきて、顧問をやることになってしまう。
基礎をコツコツやってる間に、運の良さもあって県大会で優勝し、甲子園に行くことになります。

予算もない、ブラスバンドもない。
仕方がないので甲子園まで運転がそう得意でもない顧問の運転で、

「甲子園まで何マイル?マイクロバスで行くんだよ~」

とやってきて、甲子園を楽しんで楽しんでる間に決勝まで(笑)

優勝候補のある高校と宿が一緒になり、監督同士が仲良くなったりしながらも決勝で戦うことになりますが、

「豆の木の甲子園は夢の甲子園」

現実は厳しく、いい勝負をしながらも、豆の木は準優勝となります。

さて、金足はどうでしょう?
夢のまま優勝するのか、それともエリート集団大阪桐蔭に敗れるのか?

いつもなら、じっと見てなくてもやっぱり関西の高校を応援してしまうんですが、今回ばかりは金足応援しそうです(笑)