「その他」カテゴリーアーカイブ

米朝さんの言葉

先週亡くなった桂米朝さんの追悼番組を色々とやっています。

情報番組の一コーナーでもやっていますが、関西では特番が組まれています。
お昼にそのうちの一つを見ていたら息子であり弟子でもある米團治さんやその兄弟子のざこばさん、孫弟子で師匠の病気のために米朝さんの家に内弟子に入っていた吉弥さん達が米朝さんの言葉を紹介していて、それを書いておこうと思います。

これは私も米朝さんの書かれた本「落語と私」で読んだだけではなく、テレビなどでも見聞きしたことのある言葉なんですが、

「落語家をやるなら末路哀れは覚悟せえ」

というものがありました。

米朝さんのさらに師匠の先代米團治さんが米朝さんに、

「芸人は何か一つ生み出すわけではないのにこうしてお酒を飲んで生きていける、そのことをよく分かった上で落語家をやって見てくれる方にお返しするしかない、そのような生き方をするのだから末路は哀れなものと思っていろ」

というようなことをおっしゃったのだそうです。

「末路哀れ」というドキッとするような言葉を使っていますが、その真意は、どれほど売れたとしてもお客さんがあってのことだから、いつまでも謙虚な気持ちを忘れずにいろ、というような意味であろう、ということを今日も言っていました。

それと一緒に息子の米團治さんた並べて紹介していたのが、ある日米團治さんが米朝さんに聞いたことに対する返答です。

「士農工商河原者という言葉がある、河原者とは今の歌舞伎役者などを指すが落語家も河原者だろうか」

と聞いたところ、

「落語家はそのどこにも属さない、なぜかと言うと落語の中で天皇からそれこそ最下層の人間まで演じるのだからそういう階層に入るものではない」

と返ってきたのだそうです。

前述の「売れてもおごることなく謙虚でおれ」という言葉と同時に「芸人を卑下するのではなくプライドを持て」と両方が大事であると言っていた、との話でした。

これ、確かに両方が大事だなと思いました。
プライドを持ちながら謙虚である、これは結構難しい気がします。
特に芸能人は一つ何かがうけて売れたら、天狗になって何か勘違いしてるのでは?と思う人も多いです。

芸能人ではなくてもそういう人はいますよね。
妙にプライドだけが高くて他人を見下してるのになんだか卑しい人とか。

他に、

「悪い人間になるな、嫌われる人間になるな」

という言葉も紹介されていて、どの言葉も芸人としてだけではなく、人間としてどうあるべきか、を教えているなと感じました。

こんなことを教えてくれる尊敬できる存在、そういう方が身近にいたら、人としてやってはいけないことをきちんと身につけた人間になれる気がします。

それからざこばさんがおっしゃっていた、

「賢くなくていいからしょうもないことでも知ってた方がいい」

も分かります。

勉強だけできても知識がない人間より、広く知識を持つ人間であった方がいい、そういうことをおっしゃってるんでしょうね。

どの言葉も言った本人が矛盾するような、尊敬されない嫌われる人間だったら意味を持ちません。
おっしゃった米朝さん自身がやはり尊敬できる存在だったのだなあ、とあらためて思いました。

米朝さんのこと

昨日、桂米朝さんが亡くなりました。
ショックでした・・・

もう随分と前から体調を崩してらっしゃいましたし、見るたびにざこばさんがおっしゃっていたように「枯れて」きていると感じてたので覚悟はできてたと思ってたんですが、それでもやっぱりショックでした。

関西在住のせいか、子供の頃からお笑いが好きでした。
落語も何回も見に行っていて、特に米朝さんは毎年お正月の4日は明石市民会館で独演会をやってらっしゃったので一番生で見ることが多かった落語家さんでした。

今思えば、一番脂が乗り切ってらっしゃる60代の頃にたくさん見ることができて本当に幸せです。

好きな落語家さんはたくさんいますが、米朝さんはちょっと別格な気がします。
米朝さんがいらっしゃらなかったら、上方落語は滅びていたかも、そのぐらい今の上方落語への影響が多い方ですから。
落語家さんの中で一番尊敬しています。

息子の小米朝さんが米団治襲名の時にも見に行ったんですが、その時にはもう舞台で演じることもなく、他のお弟子さんと一緒にトークに少し出ていらっしゃるだけでしたが、それでもお元気な姿を見るとうれしくて、これからもずっといてくれるような、そんな風に思ってました。

また一つ大きな火が消えてしまったけど、それでもたくさんの火を残してくれて、これからもみんなでそれを大事に燃やし続けていってくれるはずです。

失ったことを嘆いて悲しむだけではなく残してくれた功績に感謝し、これからも笑って落語を楽しみたいと思います。
本当にありがとうございました。

春のお彼岸

今日はお墓の掃除に行きたかったんですが雨でした。
明後日は用事があって行けないので明日には行きたいですが、幸いにもお天気は良い方向に動いているようです。

今日はお仏壇に花を飾って果物とお菓子をお供えしました。

高坏には日持ちのする羊羹とカスタードケーキを置き、日持ちのしない桜餅とうぐいす餅はお皿に盛ってしばらくしてから下げてお下がりをおやつに。

20150319b

明日はお墓にお供えするお菓子も買わないと。
もちろん、お下がりはまたおやつになりますが(笑)

20キロオーバー

いかなごです(笑)

今年は解禁がいつもより早く、いかなごも大きかったのでみなさん早めに炊いてらっしゃいました。
私も少しばかり早かったかな。
それでも、解禁から10日ほどは手を出さずにおりました。

「今年は20キロ以内におさめよう」

と考えて、実際に先週で20キロ炊き終わったんですが、足りませんでした(笑)

というわけで、追加をほそぼそと炊いてます。
今日はショウガを1キロ、山椒を1キロの合計2キロ。
今年は一番多い日に7キロ炊いたので、こうなるとなんだか物足りない(笑)

20150317e

週明けから値段が下がってますが、今年は不漁との言葉通り少ないのか、下がり方もちょっとばかり少ないです。
お彼岸開けにはもっとどーんと値段が下がると思うんですが、今年はその頃にはもう売らなくなってしまうかも知れないのでここ2、3日が勝負です。
あと2、3キロかな。

かわいくて美味しいものがやって来た♪

たまたまなんですが、2人のお友達から同時にかわいくて美味しいものをいただきました。

一人の方からは「リラックまんじゅう」です。

20150316a

単なるキャラクター商品ではなく、きちんとした和菓子屋さんが作ったかわいいお菓子です。
味が不思議なことにココア!
和菓子なのにきちんとココアの味がしてなんとも不思議。

クマ旦那さんも「ココアだ」と言いながら共食いしてました(笑)

「リラックマはココアだけどコリラックマは珈琲の味がする」

とも言ってたんですが、原材料名を見たらこちらもやっぱりココア。

でもココアっぽい味ではないので色々と調べてみたらキャラメルあんを使ってるらしい、なるほど、あれはキャラメルの味でした。

和洋折衷のすごくかわいいお菓子でした♪

もう一人の方からは、「ことりカフェ」のお菓子、クッキーとキャンディです。

20150316b

私がすごく鳥が好きで、それを知ってらっしゃるので送ってくださったんです。
「ことりカフェ」、ぜひとも一度行きたい。

「オカメインコクッキー」はまだいただいていませんが、「インコキャンディーラムネちゃんキャンディ」は口に入れるとシュワっと文字通りラムネの味。
う~ん、爽やか。

一つでもうれしいのに二つも一度にかわいい美味しいものがやってきてくれて、今日はとっても幸せでした♪